日本が北京オリンピックでノルディック複合リレー銅メダルを獲得

スキーよりもジャンプで有名なアスリートによる力強いフィニッシュは、1992年と1994年に金メダルを獲得して以来、このイベントで国内初の表彰台を獲得した木曜日の北京オリンピックノルディック複合リレーで日本を3位につけました。

日本のアンカーである24歳のジャンプスペシャリスト、山本涼太は、女子ノーマルヒル個人の銀メダルに続いて4回目のオリンピックメダルを獲得した、大きな丘のブロンズメダリスト渡部暁人による4×5キロのリレーで3本目の足を猛威を振るった後、3位に留まりました。ソチと平昌で。

オーストリアは50分45.1秒で勝利し、ドイツはスリル満点のスリーウェイファイナルダッシュで表彰台を獲得しました。通常のヒルチャンピオンのビンツェンツガイガーが巨額の赤字を克服して表彰台に到達しました。

オーストリアから12秒遅れて4位からスタートし、スキージャンプ部分の勝者である渡部善斗(アキトの弟)が4×5キロリレーの最初のセグメントを12分56秒で滑って日本を2位、0.3秒遅れにした。ドイツ。 渡部は、冬季オリンピックでメダルを獲得した最初の日本人兄弟になりました。

セカンドスキーヤーの永井秀昭はそのポジションを維持することができず、アキトを離れて、ドイツ、オーストリア、ノルウェーとの4ウェイのトップグループの後ろで4.6の赤字で3番目のセグメントを開始しました。

33歳のアキトの多大な努力の後、山本は2位で最終レグに退場した。

「心の中で、これが私の最も難しいレースになると思いました」と山本は語った。 「正直なところ、そのフィニッシュポジションを争うとは思っていませんでしたが、ベテランのチームメイトを表彰台に上げたいと思ったので、私と同じようにスキーをしました。」

ドイツは、3度のオリンピック金メダリストであるエリックフレンツェルが中国に到着したときにCOVIDの検査で陽性を示した後、孤立から抜け出すのに苦労したため、第3戦を4位で終えました。

ノルウェー人は最後の2つのレグのノックアウトの組み合わせを保存し、大きなヒルシルバーメダリストのイェンスルラースオフテブロが3番目のレグをスキーし、大きなヒルチャンピオンで通常のヒルシルバーメダリストのヨルゲングラバクに引き渡しました。

大会の早い段階で、山本のジャンプの腕前は、個々の通常の丘のクロスカントリーセグメントで38秒のリードを与えましたが、それでも彼は14位で1:46.6のペースでフィニッシュしました。 しかし金曜日、彼のスキーは日本をメダルに導いた。

「チームイベントでのメダルは、チームのすべてのメンバーが祝うことができるものでした」とアキトは言いました。

「これは、個々のメダルを獲得するよりも何倍も楽しいです。」

誤った情報と多すぎる情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。日本が北京オリンピックでノルディック複合リレー銅メダルを獲得
Source#日本が北京オリンピックでノルディック複合リレー銅メダルを獲得

Leave a Comment