新しい日本のカプセルおもちゃは質問に答えます:パンに足があったらどうしますか?

生きているパンの夜。

日本のカプセル玩具は、「除細動器をどのように使用しますか?」など、ほとんどの場合誰も尋ねようとは思わない質問に対する無尽蔵の答えの源です。 または「もしそれが羊だったら、私の猫はどのように見えるでしょうか?」

そして、私たちはの謎を終わらせることができることを知っています 足があったらいろいろな焼き菓子はどうなる?

答えは:とてもかわいいです。

▼上段左から右へ:一斤のパン、プレッツェル、クロワッサン。
下段左から右へ:マフィン、バゲット、メロンパン。

実際、この質問にはすでに 特別なウールフェルトミディアムでこれらの小さなものを最初に作成したアーティスト、はてな。

このコンセプト いきてるフライパン (「生きているパン」)とは、アーティストがパンをとても愛していて、すぐに手に入るので、いつでも食べられるということです。 しかし、食べ過ぎは健康に害を及ぼす可能性があるため、四つん這いになっていると捕まえにくくなり、あまり食べられなくなります。

羊毛まんは大人気になりましたが、一枚5,000円(44ドル)で少し買いづらかったです。 しかし今、はてなはカプセル玩具メーカーのクオリアと協力して、シリーズ全体をプラスチックで再現しました。 はてなさんによると、最大の課題は、新しい媒体で同じ焼きたてのパフの品質を維持することでしたが、最終的にはそれを行ったように感じます。

▼よく見ると、口も小さいのがわかります!

イキテルパンは、全国のカプセルマシンでクランク300円(2.66ドル)で購入できます。 一方、本物のフェルトのイキテルパンのランダムではない柔らかな感触を好む場合は、Etsyの日本語版のように、MinneWebサイトのHatenaGalleryで販売されています。

それは本当に愛らしいですが、私が本当に知りたいのは、あごが巨大な場合、さまざまな動物がどのように見えるかを知りたいのですが…ああ、すでにそうですか? トイレを使っているカバはどうなるのだろうか…ああ、それはやりすぎだろうか?

出典:クオリア
画像:©atelier hatena
●SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに知りたいですか? Facebookでフォローして ツイッター
[ Read in Japanese ]

新しい日本のカプセルおもちゃは質問に答えます:パンに足があったらどうしますか?

Source#新しい日本のカプセルおもちゃは質問に答えますパンに足があったらどうしますか

Leave a Comment