数年前に高校を卒業した5人の中年男性は、今でも校歌を歌うことができますか?

佐藤さんは、野球と校風のために、仲間のオッサンを強引に出世させる。

8月は、日本ではノンストップで野球が楽しめる月です (または、人によっては楽しくない月です)。 全国高校野球選手権大会、 別名 夏の甲子園、 全国から集まった最強の高校チームがシングルエリミネーショントーナメントで競う中、国は故郷の誇りの熱気に包まれます。 この毎年恒例の夏の伝統の最初の反復は、1915 年 8 月 18 ~ 23 日に開催され、その結果、 8月18日は現在、日本では高校野球記念日として知られています。

甲子園の勝者だけが校歌を歌う特権を持っています(「甲賀」)スタジアム全体の前で、彼らの困難な旅と途中の犠牲を祝います。 日本の校歌は通常、非常に厳粛な行事であり、聴衆を驚かせるように設計されたあらゆる種類の学校の式典で遍在していることは注目に値します. したがって、すべての生徒は校歌を暗記し、すぐにそれを鳴らす準備ができている必要があります.

今年の高校野球記念日は弊社日本語対応エース 佐藤さん 考え: オフィスにいる中年オッサン達は、若い頃に叩き込まれた歌を今でも覚えているのだろうか? 彼には選択の余地がなく、彼らの記憶をテストすることにしました。 ここで彼は、彼が切り上げた 4 人の不運な犠牲者と、彼らが高校を卒業するまでの年数を一緒に示しています。 佐藤さん(30)、砂駒正貫さん(24)、中澤征爾さん(22)、原田崇さん(20)、あひるねこさん(18)。

▼(左上から時計回りに)まさぬきさん、佐藤さん、あひるねこさん、せいじさん、たかしさん。 彼らの現在の高校の年鑑の写真がもっと魅力的であることを願うばかりです。

オッサン最年長の佐藤さんが、自らチアリーダーの佐藤さんに変身(いいえ お近くのバービー セクションにすぐに来ます)。 伝統的な日本の学校の応援服は、西洋の学校の応援服とはかなり異なり、太鼓のビートに合わせて一連の正確な動きと叫び声がルーチンに含まれます. この日、オフィスはドラムから離れたばかりだったが、それでも彼はコスチュームの学ランを着用し、代わりに最高の訓練軍曹の態度を採用した.

佐藤さん: よし、ごめんね、高校時代はみんな校歌を歌わなきゃいけなかったんだよね? あなたがしなかったと私に言わないでください。

ソーリーロット: はい、そうしましたが…

佐藤さん: わかりました、あなたは間違いなくそれらを覚えておくべきです。 小学校、中学校、高校時代のすべてを完璧に覚えています。 あなたはそれらを歌うことができなければなりません。 タカシ、お前が先だ!

たかしさん(卒業20年): 覚えてない…えへへ…

佐藤さん: 何を笑っているのだ、豚め! 全然おかしくないです!!

佐藤さん: 歯をくいしばれ!

たかし: *笑顔で歯を食いしばる音*

佐藤さん: 致命的!

たかし: ガァァァァァァァァ!!!

それは、早くエスカレートしたね。 そして、それは続きました。

佐藤さん: まさぬき! 次はあなたです。 歌えますよね?

正貫(卒業24年): すみませんが、私も私のことを覚えていません。

佐藤さん: あなたも?! クールでよそよそしい男のふりをしないでください。

佐藤さん: 歯をくいしばれ!

まさぬき: *こもった歯を食いしばる音*

佐藤さん: 致命的!

まさぬき: ガァァァァァァァァ!!!

佐藤さん: あひるねこ、あなたは?

あひるねこ(卒業18年): 卒業してから一度も歌わなかった曲を覚えているはずがない。

佐藤さん: そのサスとは何ですか? カラオケが得意なあなたは、自分のことでいっぱいだと思います。 「Innocent World」を歌えるBSです [by Mr. Children] 校歌じゃなくて暗記!

佐藤さん: 歯をくいしばれ!

あひるねこ: *ぎこちなく歯を食いしばる音*

佐藤さん: 致命的!

あひるねこ: ガァァァァァァァァ!!!

佐藤さん: セイジ、あなたは私の最後の希望です。 私をがっかりさせませんよね?

せいじさん(卒業22年): まぁ、まだ小学校の歌は歌えます。 私はそれがとても好きでした。

佐藤さん: これは 高校 野球記念日! あなたの小学校の歌は誰も気にしません。 そして、あなたは自分自身をミュージシャンと呼んでいますか?

佐藤さん: 歯をくいしばれ!

せいじ: *苦しめられた歯を食いしばる音*

佐藤さん: 致命的!

せいじ: ガァァァァァァァァ!!!

この時点で、佐藤さんはこのゴミにうんざりしていました。 私は彼が島根県で牧歌的に育った遠い記憶を掘り起こし、それがどのように行われたかを彼らに示すことにしました.

佐藤さん: わかりました、ごめんなさい。 耳を澄ましてよく聞く。 島根県立松江商業高校の校歌です!

やまむらさきにみずきよき~ (「紫の山と清らかな水」)

わが山陰の風景は~ (「山陰の私たちの風景」)

神代の歴史と諸友に~ (「太古の歴史とともに」)

天下にホコルに (「この世界の」)

たりぬべし~ (「私たちは価値があるに違いない」)

驚いたことに、佐藤さんは校歌の最初の1番を一拍もかからずに歌い上げた。

▼最初から最後まで丁寧に教えてくれる佐藤さん

▼終わり。

そんな4人が来年の高校野球観戦に間に合うようにしっかりと校歌を歌えるよう、佐藤さんはしっかりと見守っていきます。 彼らができない場合、あなたは彼がある種のばかげた結果を彼の袖に持っていることに賭けることができます.

参照EC:島根県立松江商業高等学校
すべての画像 © SoraNews24
● SoraNews24 の最新記事が公開されたらすぐに知りたいですか? Facebookでフォローして、 ツイッター!
[ Read in Japanese ]

数年前に高校を卒業した5人の中年男性は、今でも校歌を歌うことができますか?
Source#数年前に高校を卒業した5人の中年男性は今でも校歌を歌うことができますか

Leave a Comment