政府の調査によると、少なくとも週に 1 回の在宅勤務は、日本の労働者の幸福度を高めることがわかりました

一方で、仕事関連のストレスが原因であると診断されたメンタルヘルス疾患の数も増え続けています。

長時間労働ワークライフバランスが悪い これらは、強制停電政策や改正保育法などの措置が実施された後も、日本の労働力が取り組み続けている問題です。 この過労の文化の結果としての労働者の幸福と健康に関する最新の調査結果を共有するために、 厚生労働省 今年の過労死白書が10月21日に発表されました。 この分割払いは、パンデミックの結果として、労働者が部分的に在宅勤務することを許可する多くの職場での慣行が続いていることを考えると、特に興味深いものです。

▼在宅勤務が座っているときの姿勢を改善するかどうかについてはまだ発表されていません.

在宅勤務が労働者の幸福度に与える影響を調査するために、厚生労働省は 2021 年 10 月以降、全国の 10,000 人の労働者を対象に、リモートワークの頻度と幸福度を調査しました。 、リモートで仕事をしていない人は、幸福度の平均を次のように評価しました。 6.2(​​男性) 6.4 (女性)。 それらの数は平均で 6.6 6.8 週に 1 回リモートで仕事をしていると回答した人。 最後に、週に 2 ~ 3 回リモートで仕事をしている場合、男女ともに平均 6.7.

同省はさらに、リモートワークが増えるほど労働者の幸福度が上昇する傾向は、 通勤によるストレスが減り、家族と過ごす時間が増え、睡眠が増えました。

▼在宅勤務中にこっそり飲み物を飲むことが幸福度を高める理由の1つではないことは確かですが、断言はできません.

一方で、報告書はまた、仕事関連のストレスに直接関係し、正式に労働災害または死亡として分類された労働者の間で診断されるうつ病などの精神疾患の数の増加を強調しています. これらの診断された症例の数は現在、 629、 これは過去最高で、10 年前のほぼ 2 倍です。 これらのケースの割合が最も高い業界は、 医療専門職と社会サービス (22.6%)製造業 (16.9%)。

厚生労働省は、職場での嫌がらせや長時間労働から労働者を保護する政策を発行することにより、これらの問題に対処するための意識を高め続けています。 企業は、従業員が柔軟な在宅勤務の取り決めを維持できるようにすることに加えて、従業員が自分にふさわしい休暇を取れるようにすることも次のステップとなるでしょう。

出典:TBSニュースディグ/ライブドアニュース
注目の画像: パクタソ
挿入画像:ぱくたそ(1,2)
● SoraNews24 の最新記事が公開されたらすぐに知りたいですか? Facebookでフォローしてください。 ツイッター!

政府の調査によると、少なくとも週に 1 回の在宅勤務は、日本の労働者の幸福度を高めることがわかりました

Source#政府の調査によると少なくとも週に #回の在宅勤務は日本の労働者の幸福度を高めることがわかりました

Leave a Comment