捜索を続けると、ダイバーが北海道沖の沈没した遊覧船の現場に到着。

4月に北海道沖で沈没した遊覧船の現場を捜索するため、木曜日に深海ダイバーが到着し、致命的な事故の原因を究明し、行方不明者を捜索した。

海上保安庁によると、ダイバーは早ければ金曜日にまだ説明されていない12人を捜索する仕事を終えるでしょう。 彼らは、飽和潜水と呼ばれる特別な技術を試みます。この技術では、酸素とヘリウムの混合物を吸収して、作業する深さの水圧のレベルに体を調整できるようにします。

この記事を表示できませんか?

これは、広告ブロックまたはセキュリティソフトウェアとの競合が原因である可能性があります。

追加してください japantimes.co.jpピアノ.io 許可されたサイトのリストに。

これで問題が解決しない場合、またはドメインを許可リストに追加できない場合は、このサポートページを参照してください。

ご不便をおかけして申し訳ございません。

誤った情報と多すぎる情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。捜索を続けると、ダイバーが北海道沖の沈没した遊覧船の現場に到着。
Source#捜索を続けるとダイバーが北海道沖の沈没した遊覧船の現場に到着

Leave a Comment