振動スピーカーを内蔵した畳のプラットフォームは、究極のサウンド体験をお約束します

音楽を聴くだけではありません。 あなたの体でそれを感じてください!

マットは日本文化のユニークな側面です。 やわらかい素材(昔は稲わらですが、今は泡)を敷き詰め、美しい模様の布で縁取られた藁織りのマットは、和室と呼ばれる伝統的な和室の床を構成しています。 和室 日本語で。

悲しいことに、何らかの理由で、畳はほとんどの日本の家で広く使われなくなっています。 これはまた、 イグサの需要の減少、畳の織り面を作るために使われる葦のような植物で、 畳おもて。 需要の減少に伴い、価格も下落します。これは、急いでいる農民が少なくなるため、急いでいる産業も危険にさらされていることを意味します。 このため、タタミ産業は完全に消滅する可能性があります。 実際には、 畳おもて 日本で生産される生産量は、平成の初め(1989年)の全盛期から95%減少しました。

しかし、ある組織はそれを変えようとしています。 八代畳の認知度向上協会 に「オープンイノベーション」プロジェクトを実施しています 八代市畳産業の復興を推進、西南日本の熊本県にあります。 八代は、日本の一般的なイグサの99%が栽培され、日本の畳の織面の99%が生産されている場所であり、その原因に強い関心を持っています。

彼らのベンチャーは 「八代タタミックスプロジェクト」 そしてそれは焦点を合わせた多段階の企業です 畳への関心を再刺激するのに役立つ完全にオリジナルの畳製品を開発しています。 彼らはちょうど着手しました ステージ1! とのコラボレーション ジャパンアコースティックラボ、音声と音の分析を専門とする、彼らはをリリースしました 6台の振動スピーカーを搭載した「脈打畳」TTM-V20 そのため、音楽や音が流れると、畳全体が振動します。 リラックスしながら音楽を聴き、全身に心地よい振動を感じることができます!

このユニークな畳は、よりプラットフォームのようなものです。 畳おもて その上、です 理想的な「ゴローネ」(「居眠り」)スポット: スクロールしたり、読んだり、映画を見たり、昼寝したり、ただリラックスしたりするのに最適な場所です。 その名前は、「畳」を表す「TTM」、「振動」を表す「V」、そして人間が聞くことができる最低周波数(20Hz)を表す20に由来しています。 言い換えれば、音と振動の境界線です。

人間は通常、鼓膜を通して周波数を感知することによって音を検出しますが、 TTM-V20は、音楽の振動を体で感じることができます。 体の部位によって周波数の感じ方が異なりますが、ジャパンアコースティックラボではスピーカーの設計にもその旨を考慮しています。 このマットは、究極のサウンド体験を念頭に置いて作成されました!

TTM-V20には多くの目的があります、メーカーによると。 それは スパや浴場への優れた追加、 例えば。 温かいお風呂やサウナでのんびりと過ごした後は、横になって心を落ち着かせる音楽を聴くと、リラックスした気分になります。

それも 音楽祭やコンサートに最適。 ビートと超低周波音を介して振動を生成するその能力は、他に類を見ない増幅された音楽体験を提供します。 これは、アーティストがファンを引き付けるもう1つの方法であり、創造性を発揮するための追加のツールを提供します。

またはそれは本当に可能性があります 映画鑑賞体験を充実させる。 高品質のサウンドシステムがマットに組み込まれているため、ストーリーの感情に関連するクリスタルクリアなサウンドを聞くだけでなく、音楽を心の底から感じることができます。 マットのスピーカーだけでなくヘッドホンを使うことで、さらに音の体験がさらに強まります! それは全く新しい映画鑑賞体験を提供するかもしれません。

TTM-V20は人気のある場所でデビューします 愛知県蒲郡市の森道市場まつり、5月27日から29日まで開催される音と食と工芸の祭典。足湯と組み合わせて海の音を奏で、まったく新しいリラクゼーション体験を提供します。

それ以外の場合は、一般市場で購入できないため、価格は記載されていませんが、イベントや会場で紹介したい場合は、プロジェクトのWebサイトから連絡先情報を入手できます。 自分の家に畳の味を少し加えたい場合は、この用途が広く安価なオプションを検討してください。 スピーカーは内蔵されていませんが、部屋全体を使わずに畳を組み込むのに最適です!

ソース、画像:@Press
●SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに聞きたいですか? Facebookでフォローして ツイッター

振動スピーカーを内蔵した畳のプラットフォームは、究極のサウンド体験をお約束します
Source#振動スピーカーを内蔵した畳のプラットフォームは究極のサウンド体験をお約束します

Leave a Comment