抹茶パウンドケーキにスライスするために、有名な日本刀が小さなお菓子のナイフになります

栃木県足利市100周年を記念した楽しいグッズでお祝いしましょう。

足利市 栃木県では、東京都から電車で約90分でした。 足利氏発祥の地、室町時代(1336-1573)に将軍として日本を支配した。 しかし、支配する氏族の故郷であることは、その名声だけではありません。 有名な刀匠堀川国広の本拠地としても知られています

実は、 足利市100周年、あなたは見ることができます 現在足利市立美術館に展示されている彼の刀の1つ山姥切国広、大ヒットブラウザベースのビデオゲームシリーズ刀剣乱舞で人気を博した刀。 そういうものとして、あなたはまたいくつかを得ることができます かなりかっこいい山姥切国姥切国関連の盗品 期間限定、以下を含む 本物の剣のようにカットされ、スタイリングされた小さなデザートナイフ

ナイフは別売り、または抹茶パウンドケーキと専用布のセットで4,600円(42米ドル)で販売されています。 the 抹茶パウンドケーキ 足利市に本拠を置く布印刷会社朝日染色のスイーツブランド、木地堂が作っています。

栃木産の地元産の食材をガス焚きの大釜で焼き、5種類のおいしいナッツを詰めたものです。 それは神のように聞こえます。

そしてもちろん、それをカットするよりも楽しいことは何ですか 剣をエミュレートするように設計されたナイフ? 山姥切国広は、堀川国広の作品であることを示す刃の刻印に至るまで、細心の注意を払って再現されています。 138ミリメートル(5.4インチ)のスイーツナイフは、元の刃の長さである73センチメートル(28.7インチ)には届きませんが、それでも印象的な光景です。 レプリカナイフは別途1,500円で購入できます。

最後に、セットには特別な記念品が付属しています 風呂敷、お弁当を包むのによく使われる包み布。 展示されている刀のプリントが特徴の真っ赤な布はレーヨンでできており、サイズは500 x 500ミリメートル(19.6 x 19.6インチ)です。

もあります 剣に着想を得た3つの記念ハンカチデザインの販売。 最初の、と呼ばれる 椿、明るい黄色の背景に朱色の椿の花とさまざまな種類の剣のかわいいデザインです。

2番目は呼ばれます タントゥ、そしてポップアートのデザインの多くを持っています。 クリーム色の背景にやわらかな黄色と青で塗られた刀を作るための手持ち工具が特徴で、持ち出すと誰もが目を引くこと間違いなしです。

最後に、 ジンレストゥ、一見黒と白のチェックのように見えますが、実際には白い背景の黒い縦線に伸びる数十本の小さな剣のデザインです。 非常にスタイリッシュでおしゃれなデザインで、ユニセックスでもあり、どちらの性別の剣愛好家にも最適です。

3つとも綿100%で、もちろん足利千食がデザインしています。 それぞれ1,000円で販売されています。 ハンカチ3品、デザートナイフ、抹茶ケーキセット「うぐいと庭」は、木地堂のオンラインショップでオンラインで購入できます。

山姥切国実の刀は、足利市立美術館100周年記念特別展「足利長尾の勇気と美-その生命の永遠への糸-」の一環として、3月27日まで展示されます。また、今後数か月以内に足利市を訪れる予定がある場合は、足利の他の名声をチェックすることもできます…彼らの素晴らしい藤の木。

ソース、画像:@Press
●SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに聞きたいですか? Facebookでフォローして ツイッター

抹茶パウンドケーキにスライスするために、有名な日本刀が小さなお菓子のナイフになります
Source#抹茶パウンドケーキにスライスするために有名な日本刀が小さなお菓子のナイフになります

Leave a Comment