愛知県警が公共トイレの水洗ハンドルを盗んだ悪党を警戒

この悪魔がまだ大きい間、最初にあなたのトイレをチェックすることを忘れないでください!

愛知県豊田市は自動車会社で知られていますが、崇高な美しさの場所でもあります。 この街は 川見四季桜の里、春と秋に桜が咲く日本では珍しい場所で、深紅の葉の自然を背景にピンクの桜を見ることができます。

最近の犯罪をさらに凶悪にするのは、この純粋な自然の驚異の場所です。 5月6日午後、川見四季桜の里の素晴らしさを楽しんでいた男性が、自分の自然のブランドから電話をかけて近くの公衆トイレに送った。

でも、 仕事をした後、彼はトイレを洗い流すことが不可能であることに気づきました。 レバーが見えないので、人感センサーの故障か、前のユーザーがトイレを詰まらせたのではないかと思い、地元の観光協会に連絡して報告した。

調査を開始したところ、トイレは正常でしたが、2万円(153米ドル)相当のフラッシングレバーが盗まれていました。 周辺を調べたところ、約1万円相当のスプリンクラー水栓も盗まれていた。

公園の担当者はメディアに次のように語った。「これらのアイテムは道具なしでは盗まれないと思います。 地域のパトロールを強化してほしい」と語った。 男性用の部屋は当分の間閉鎖しなければならないと彼らは付け加えたが、多目的トイレはまだ利用可能であった。

その間、ニュースの読者もこの野蛮な行為に愕然としました。

「この国は何に来たのですか?」
「これはただ醜いです。」
「それは盗難、破壊行為、そして公害です!」
「プロの仕事のようにも見えます。」
「そのようなものには死刑があるはずです。」
「ちょっと待って…トイレレバー2万円!?」

はい、泥棒はトイレのフラッシャーの真の価値を知ることにかなり狡猾だったようです。 確かにそれはどこかのトイレの闇市場で高い価格を取得するでしょう。 しかし、これよりも悪いのは、仲間の男に対する露骨な冷酷な無視です。

私たちが社会で当たり前と思っていることもありますが、その一つは、私たちが入る公共トイレにフラッシングレバーが付いているということです。 この人は1つを盗むことで、アイテムを盗んだだけでなく、私たちの社会の構造そのものをつなぐ糸を盗みました。 貧しい犠牲者が、犯罪現場の真ん中で見るために彼の排泄物をすべての人に任せざるを得なかったと想像することができます…天国は彼がとうもろこしで重い食事をすることを禁じました。

真夜中も風に吹かれてささやく声が聞こえると言う人もいます。 「fluuuushmeeee…」

あえて、これはテロ行為と見なされることさえあるかもしれません。私たち全員が適切にうんちをすることができず、適切な統治を維持する動機を失い、国全体を不安定にするためです。 その前にこの人が捕まえられることを願っていますが、それまでの間、私たちは読者に公共トイレを使用している間警戒を怠らず、最初にすべてが正常に機能していることを確認することをお勧めします。 安全を確保してください。

出典:毎日新聞、マイゲームニュースフラッシュ
上の画像:パクタソ
画像を挿入:パクタソ(1、2)
●SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに聞きたいですか? Facebookでフォローして ツイッター

愛知県警が公共トイレの水洗ハンドルを盗んだ悪党を警戒
Source#愛知県警が公共トイレの水洗ハンドルを盗んだ悪党を警戒

Leave a Comment