愛知県警が交通標識を紛失した運転手に100万円以上の罰金を科す

それはあなたが独占でしか読んでいない種類のニュースです。

日本は運転するのが難しい場所である可能性があり、実際、交通規則の発行と施行の責任者でさえ混乱することがあります。

たとえば、愛知県瀬戸市にあるこの交差点を見てみましょう。

少し面倒です。 手始めに、あなたは主要な都市道路と非常に鋭い角度で交差する県道を持っています。 その上、交差点の南側は片道になり、さらに複雑にするために、道路と幹線道路の間に小さな導管があり、A字型になっていますが、その小さな帯道路も片道です。

たとえば、誰かが下の角度から交差点に向かって運転していて、高速道路に右折したいとします。 反対方向に一方向であるため、小さなダクトは使用できません。 主要交差点で非常に鋭角に右折することは可能ですか?

今年初め、愛知県警は「ノー」と言って、右折禁止の看板を設置するよう要請した。 今年の8月には、交通は左または直進しかできないことを示す公式の看板が掲げられました。そして、念のため、下にもう1つの大きくて形式的でない標識を配置して、大きな活字で右折が許可されていないことをドライバーに通知しました。これにより、ポイントが実際に家に帰ります。

▼サインを示すニュースレポート

それ以来、 とにかく右折する勇気のあるドライバーには、合計168枚のチケットが発行されました。。 交通管制課の別の職員がその兆候に気づき、それが間違いであったのは11月になってからでした。

一般的な経験則では、市街地と高速道路の交差点では、車は右折して道路にアクセスできる必要があります。 この交差点の特定の方向は明らかに要因ではなく、その結果、標識はすぐに削除されました。

チケットを受け取った168人は、 愛知県警は、デメリットポイントの取消しと罰金総額114万円(10,100米ドル)の払い戻しを公式に謝罪し、約束した。

しかし、これは一種の倫理的に曖昧な状況を生み出し、ニュースの読者は誰を指すかについて大きく分かれていました。

「いくつかの道路標識が間違っている可能性があるとは思いもしませんでした。」
「技術的には、警察は交通規則に違反していませんか? 私たちは彼らに罰金を科すべきです。」
「免許を取り消された人のように、罰金で最も苦しんだ人はどうですか? 彼らはどのように補償されますか? 「」
「ルールが間違っていたとしても、ドライバーは故意に信号に従わなかった。」
「切符を配った警察官が、看板が正しいかどうかを検討するのに少し時間がかかったのではないかと思います。」
「これらのデメリットポイントは、人々の保険に影響を与えます。 それもなくなりますか?
「彼らが私にチケットをくれたら、私は激怒するでしょう。」
“だけどあの人達 やりました 右に曲がらないように指示する標識は無視してください。」

これが無謀運転や警察の過失の問題であるとすれば、それはおそらく個々の事件に帰着するので、愛知県警察は状況に関係なくすべてを一度に解決することを選択しているようです。

ただし、チケットを受け取った人は誰でも、最後に期待するのは全額返金と謝罪であることに同意するでしょう。 それは、美人コンテストで2位を獲得したり、銀行のエラーを有利に受けたりするのと同じくらい可能性があります。

出典:八馬木子経由NHK
表紙画像:パクタソ(SoraNews24編集)
●SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに知りたいですか? Facebookでフォローして ツイッター

愛知県警が交通標識を紛失した運転手に100万円以上の罰金を科す

Source#愛知県警が交通標識を紛失した運転手に100万円以上の罰金を科す

Leave a Comment