彼らが日本のトイレットペーパーをどのように作っているかを見るために私たちは富士に行きました

再生紙から贅沢な多層紙まで、何だと思いますか? スマホゲームもあります!

富士市、 位置した 静岡県富士山麓は豊富な山岳水資源に恵まれており、この地域は最大級の水源となっています。再生紙生産地域「その国で、彼にニックネームを付けたのは何ですか」紙の街“。

記者の砂駒正貫は何年もの間富士の製紙工場に興味を持っていましたが、今週ようやく富士の施設に潜入する機会を得ました。 Corelex Shinei、富士市の「コアレストイレットペーパーロールのパイオニア」と言われる工場。

工場は生産できると聞いていました 1日あたり130万ロールのトイレットペーパー彼の心が理解するのが不可能だと思う量だったので、彼が工場に着いたとき、彼はそれが何であるかを見るために中に入るのに時間を無駄にしませんでした。

Corelex Shineiは、単なる古いトイレットペーパー工場ではありません。 環境に過度の負担をかけない高品質な製品を製造してください。。 特に、彼らはリサイクルを専門としています」雑多な廃棄物」-リサイクル不可能と見なされているが、最高品質の紙製品にリサイクルする魔法を持っている古紙。

言い換えれば、リサイクルが難しい紙製品は カップヌードルキャップ切符売場、 と ホチキス止め紙 -通常は焼却されるすべてのアイテム-環境を破壊する煙になるのを防ぎ、 代わりにトイレットペーパーとして新しい命を与えられた

▼これらの廃棄物はすべて焼却炉の山から節約され、最終的には人々のトイレに捨てられます。

スケール感のために、この山は2つ以上のマサヌキの高さしかありません。

これらの古紙製品は、 さまざまな地方自治体や企業から収集、それらは「タイトな束」に梱包されてから、大きなコンベヤーベルトを介して工場に輸送されます。

▼これがあなたのバスルームへの長く曲がりくねった旅の始まりです。

まず第一に、原材料は、それを分解するのを助けるいくつかの化学物質を含む温水のピンチで少し緩められます。

段ボールはそのままにして、ここの紙に金属やプラスチックが混ざっていても、工場では扱えないものです。

その後、すべてが「Tower of Aging」と呼ばれる機械に送られ、そこで約12時間休まされます。 このステップにより、紙と混同された可能性のある他のランダムなものから紙を簡単に分離できます。

後で、 遠心力 金属や製本クリップなどの硬い物体を取り除くために使用され、プラスチックが混合物から浮き上がり、同時にインクが除去されます。

▼魔法を起こす機械。

その後、紙は洗浄、滅菌、漂白され、最終的には特大のトイレットペーパーのロールとして再び日の目を見ることになります。 同社の常務取締役佐野仁は、現代のウィリー・ウォンカのようで、「巨大なトイレットペーパー保管エリア」に彼の魔法の製品を誇らしげに展示しています。

▼この巨大なトイレットペーパーはまさぬきワイドの上にあります。

▼巨人のトイレにいるような!

各ロールは、幅が約3メートル(9.8フィート)、直径が2.5メートルで、切断エリアに送られ、そこで長くて薄いロールに切断されます。

▼そして、ロールは最終的に私たちがよく知っている通常のサイズのトイレットペーパーロールの形にカットされます。

作りたてのロールパンは、セキュリティスクリーニングエリアを通過し、そこで欠陥のある製品が取り除かれます。

セキュリティチェックに合格したものは、最終的にはプラスチックのパッケージにパッケージ化され、見るのが魅力的です。

ロールが箱に入れられると、ロボットは箱を互いに積み重ねるという大変な作業を行います。

▼パレットはフォークリフトでトラックに運ばれます…

▼…ボックスが手動でロードされ、隙間や無駄なスペースなしでトラックに完全にフィットします。

この完璧な生産ラインを最初から最後まで見ると、マサヌキは映画を見ているような気分になりました。 集められた古紙くずは見事にトイレットペーパーに再生され、感動したことは間違いありません。

▼トイレットペーパーが多いです。

▼倉庫はマサヌキをトイレットペーパー王国の王様のように感じさせた!

工場ツアーの終わりに、スタッフはあなたの心を打つであろう別のショーについて彼に話しました: トイレットペーパーロールの寿命担当者によると、一人当たりのトイレットペーパーの平均使用量は 年間約5,657.5メートル(18,561フィート)

男性の平均寿命は81.64歳、女性の平均寿命は87.45歳と言われているので、追加の計算を行うと、平均すると…

▼トイレットペーパーロールがいっぱい!

▼はい、たくさんあります!

トイレットペーパーが一生積み重ねられているのを見ると、マサヌキは小さく感じましたが、それでも彼は巨大な山に彼の素晴らしい仕事に感謝の気持ちを抱かせたいという誘惑に抵抗できませんでした。

「私はすでにあなたの半分を使いましたか? 毎日使い続けます! 「」

トイレットペーパー王国の王様になりたいという方は、同社が作成したバーチャルファクトリーツアーのおかげで、海外でも工場見学ができます。 ただし、これは通常のバーチャルツアーではありません。いくつかの助けを借りて、トイレットペーパーの作成プロセスをガイドします。 スマートなゲームプレイ

スマートフォンでバーチャルファクトリーツアーに参加すると、ファクトリーの一部を掃除するなど、さまざまな楽しいミニゲームをプレイできます…

▼そして、「無限トイレットペーパーチャレンジ2021」でスクロールスキルを試してみてください。

このゲームには、トス/スクロールするトイレットペーパーが無限にあり、数日前にロイヤルツアーから戻ったばかりですが、マサヌキはそれ以来、携帯電話でそれを復活させています。

▼オフィスでのトイレットペーパーのストレス解消。

これらのツアーは、対面でも仮想でも、トイレットペーパーの作り方を学び、トイレットペーパーの使用の満足度など、人生で当たり前のことと思われることを新たに理解するための楽しい方法です。 トイレットペーパー。

現在、マサヌキは、34ヶ月連続で販売されているインペリアルファミリーのベンダーが作った豪華なロールパンの土地を訪れたいと思っています。

写真:©SoraNews24
●最新のSoraNews24の記事が公開されたらすぐに知りたいですか? Facebookでフォローして ツイッター

[ Read in Japanese ]

彼らが日本のトイレットペーパーをどのように作っているかを見るために私たちは富士に行きました

Source#彼らが日本のトイレットペーパーをどのように作っているかを見るために私たちは富士に行きました

Leave a Comment