弟子屈エクストリームコールドアートフェスティバル:「神々と芸術家によって創造された場所」

今井義明は、初めて川湯温泉に赴任したとき、京都でテレビディレクターとして働いていた。

1990年代初頭、北海道東部の阿寒摩周国立公園にある町は、この地域の自然に焦点を当てたプログラムの対象となる予定でした。 温泉 (熱水泉)。

滋賀県出身の今井は、この地域の生々しい自然に深く惹かれ、屈斜路湖の近くに別荘を建てることを決意し、休暇を過ごし始めました。 九州の屋久島への移住を少し考えていたが、もっと恒久的な変化が必要だと気づき、2000年に屈斜路湖の家に引っ越すことにした。この地域の生活費が安いことに加えて、今井は芸術的な可能性に魅了された。その劇的な風景によって。

川湯温泉は日本で最も寒い温泉街で、冬の気温は摂氏-30度まで下がります。 温度が-15℃に達すると独特の自然現象が発生します。これには、温泉川から渦を巻いた後に蒸気が凍結したときに見えるダイヤモンドダストが含まれます。 氷に覆われるようになる木; 屈斜路湖の凍った表面からきらめく異世界のような霜花。オオハクチョウは毎年冬にシベリアから白鳥になります。

「ここで芸術家を鼓舞する自然の力は並外れています」と今井は説明します。 しかし、この地域の自然の美しさにもかかわらず、川湯温泉の最初のアートギャラリーが2011年にオープンするまで、そのアートシーンは存在しなかったと彼は言います。 「日本初の 『窯ライブ』」と誇らしげに語る。 翌年、彼は、昨年の東日本大震災後の東北地方の復興を支援するために資金を集めながら、温泉とアートを融合させたフェスティバル、オンアートを開催しました。

北海道の過酷で美しい自然の中での芸術的可能性に触発され、弟子屈エクストリームコールドアートフェスティバルの創設者である今井義明は、2000年に日本で最も寒い温泉街である川湯温泉に引っ越しました。 キンバリーヒューズ

今井は、2013年に何百人もの観客を集め始めたときに、彼のイベントを弟子屈エクストリームコールドアートフェスティバルに改名しました。 災害救援コンサートや「ましゅうアートロード」と呼ばれる野外博物館に加え、弟子屈町にあるホテルを借りて、全国から7人のアーティストが参加する7日間の7部屋のアートイベントを開催しました。

「後ですべてを詰め込んでいるうちに、私たちが本当に必要としているのはアートを作成するための恒久的なスペースであることに気づきました」と今井は言います。 「ちょうどその時、川湯温泉で旅館が閉店するという話を聞いたので、京都の私の会社がそれを買うことにしました。」

今井は、彼の幅広いアーティストのネットワークを活用して、ホテルと公式のフェスティバル会場の両方として2018年にオープンしたアーティストによるスペースであるArtInnの作成に着手しました。 当初は冬季の2週間から5週間のイベントでしたが、今井は2020年に決まったスケジュールを採用し、毎年2月2日から3月3日まで開催しています。

「私たちが最初に旅館を建てたとき、芸術的な視点が絶対的な優先事項でした。 大工はこんなものを作ることはなかっただろう」と今井はニヤリと言う。 スタイリッシュな温泉のアイデアを取り入れました 旅館 (伝統的な旅館)日本中を撮影している間、今井と彼の国際的なアーティストのチームは、個々のアートインスタレーションをインテリアデザインに統合した客室を作りました。

旅館には、地元の温泉水で入浴するためのいくつかの雰囲気のあるプールもあります。今井は、2.5 km離れた火山である借用証書の源から直接流れるため、癒しとリラクゼーションに最適です。

瀬戸内国際芸術祭と越後妻有アートフィールドに「虹の小屋」を建てた芸術家関口恒夫も、水と太陽光を反射する鏡を使って、旅館の1階に同様のエリアを作成しました。ダンスとつながりの空間。 彼はさらに、環境に優しい土の漆喰とジュートのコーヒー袋を壁に取り入れました。これは、ミケランジェロスタイルの屋外技法を使用して設計されました。 毎晩焚き火やパフォーマンスを行うための火の小屋と一緒に、屋外に別のレインボー小屋を作りました。

「関口は台湾からアーティストの友達を招待し、その後、他の国からも友達を招待し始めました」と今井は言います。 「口コミだけで、国内外から毎年多くのアーティストがフェスティバルに参加し始めました。 このようにして、私たちのネットワークは成長を続けました。」

北は湯野川、南は川湯神社、西はエゾシカが生息する約5,000平方メートルのアカマツ林に囲まれています。 今井は、この場所を「芸術、温泉、厳しい寒さのコラボレーション…神々と芸術家によって作られた場所」と表現しています。

フェスティバルに至るまでの数週間で、アーティストは現場で作品を準備するために到着し、「幸盛 (雪の森)野外博物館」を巨大な帆布として。 彼らはまた、敷地内で見つけた天然素材を使用することを奨励されており、ツールや機械の豊富なコレクションにアクセスできます。

アーティストの関口恒夫は、北海道川湯温泉にある今井義明の旅館の1階に、水と太陽光を反射する鏡を使って虹の背景を映し出す「レインボーハット」アートインスタレーションのバージョンをデザインしました。  |  SOLVEIG BOERGEN
アーティストの関口恒夫は、北海道川湯温泉にある今井義明の旅館の1階に、水と太陽光を反射する鏡を使って虹の背景を映し出す「レインボーハット」アートインスタレーションのバージョンをデザインしました。 | SOLVEIG BOERGEN

当然のことながら、パンデミックはフェスティバルに影響を与え、ウイルス関連の懸念により日本を拠点とするアーティストの数が減少し、国境の制限のために海外のアーティストはまったく参加できなくなりました。 それでも、このフェスティバルは、ウイルス対策対策を講じ、参加者の数を制限することで根気強く取り組んできました。 直接会えない方のために、今井はイベントのフェイスブックページをインスタレーションやパフォーマンスをフィーチャーした写真やビデオで更新しています。

現在進行中の今年のフェスティバルでは、国内外のアーティストによる40点以上の作品が展示されます。 展示されている作品には、宮崎ヒロシの「セレブレーション・フォレスト」があります。 コロポックル 先住民族のアイヌの伝説の森の精霊と、雪が降る「声」を聞くことで障壁を乗り越える努力を表す台湾の芸術家、Kuei-ChihLeeの「SnowWords」。 今井自身の貢献のひとつが「森の力の収集」です。これは、森の集合的なエネルギーを保持するための受け皿として木とガラスから作られたインスタレーションです。

メキシコのビジュアルアーティストであるリピーターのルア・リベラは、フェスティバルのパンフレットで次のように述べています。「アートインに滞在することは素晴らしい経験でした。 …あえて言うと、このような場所は世界にほとんどありません。」 彼女の作品のひとつ、「鬼火」と題されたシンプルでありながら劇的に活気のある作品は、雪の上の木々の間に赤いリボンが吊るされているのが特徴です。 リベラは、それを「時間と空間に吊るされた次元間ポータルを表すテキスタイルキネティックインスタレーション」と表現し、次のように付け加えています。 アートは分野間の境界を消し去り、それらの間の自由な相互作用を促進し、展示がギャラリーの壁を超越することを可能にします。」

もう1人の定期的な寄稿者は、歴史や記憶などのバイナリを深く調査している東京出身の本間淳です。 と存在と不在。 彼はまた、自然と生物の間の相互作用を探求しています。

「この極端で寒い場所で、今は見えない時間の出来事の重なりを呼び起こす風景を作りたい」と彼の説明は読んでいます。 「この場所を形成した人々の断片が吸収され、背景に消えていく風景です。 雪が降ると、雪も見えなくなります。」

硫酸蒸気は金属やコンクリートを溶かすことができるので、地元の温泉水の高い酸性度は、アートインスタレーションに追加で特徴があります。 今井氏は、これは地元の宿屋の主人に問題を引き起こす一方で、独自の「腐食芸術」のジャンルも生み出したと述べています。 東京を拠点に活動する小林大悟の「サルファーピアノ」は、400枚の純銀箔でピアノを包み、火山の蒸気から色がどのように変化するかを明らかにするインスタレーションでこの現象を浮き彫りにしている。

パンデミックが続いているにもかかわらず、今井は、2019年に1,500人の訪問者があったコロナウイルス以前のレベルに最終的に参加者が戻ると確信しています。偶然にも、彼のコンビネーションインミュージアムの正式名称はArt Inn Extreme Cold Art ContagionMachineです。 これが引き起こす可能性のあるCOVID-19関連のほのめかしについて尋ねられたとき、今井は単に「事前にウイルスを予測した」と不可解に言います。

「アートは人から人へと広がる感情やエネルギーを表すので、私は意図的に「伝染」という言葉を選びました」と彼は付け加えます。 「そして、この感情のより深い意味を理解している人だけがフェスティバルに来ると私は信じています。」

弟子屈エクストリームコールドアートフェスティバルは、北海道の川湯温泉で3月3日まで開催されます。 詳細については、http://acaf.teshikaga.asiaをご覧ください。

誤った情報と多すぎる情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。弟子屈エクストリームコールドアートフェスティバル:「神々と芸術家によって創造された場所」
Source#弟子屈エクストリームコールドアートフェスティバル神々と芸術家によって創造された場所

Leave a Comment