幽霊と殺人の話が1929年の邸宅で日本の首相を待っています

ほぼ10年ぶりに、日本の首相は、アールデコの美学の記念碑であり、不吉な歴史によって傷つけられた何世紀も前の建物であるリーダーの公邸に住むことになります。

岸田文雄首相は土曜日の午後、1929年に開業した20世紀初頭の日本の参入の象徴とされていた5,183平方メートル(55,789平方フィート)の2階建てのレンガと石の邸宅に引っ越します。 モダニズム。

住居は2005年に全面改修され、関係する政界の何人かが何十年にもわたって集めてきた悪霊を追い払うために神職が悪魔払いを行ったと伝えられています。

約2ヶ月前に就任した岸田文雄氏は、2002年に発足したガラスと鉄骨の構造物である首相官邸に数メートル離れた場所に移動し、緊急時に迅速に対応できるようにした。 時事通信社によると、彼は立法府の住居に住んでおり、2012年の野田佳彦以来、最初の邸宅のリーダーとなる。

最後の2人の首相は立ち去った。 岸田文雄の前任者である菅義偉は、国会議員のために団地から転居した。 場所はあなたがメディアから離れた議員に対処するのを助けたかもしれません。

安倍晋三首相は、オフィスから車で約15分の東京の渋谷区にある彼の私邸に住んでいました。 野田氏によると、官邸は空いているにもかかわらず、納税者の​​維持費は年間約1億6000万円(140万ドル)である。

安倍首相は、2006年から2007年に首相に就任してから約10ヶ月間首相官邸に住んでいた。 その間、改装された邸宅は、平均して1年強の在任期間中の6人の短期首相の本拠地となり、新しい指導者にとって不利な場所と見なされていました。

安倍首相は、2012年に首相に復帰し、国内最長の首相に就任したが、復帰しなかった。

元の邸宅とオフィスは、1923年に東京が壊滅的な地震から発生したときに建てられ、アメリカの建築家フランクロイドライトによって設計された帝国ホテルに触発されました。 ホテルは、地震が東京を襲った同じ日に正式にオープンし、首都の大部分を襲い、何万人もの人々を殺した大災害を生き延びました。

首相官邸の開設から3年後、1932年に犬養毅首相が若い海軍士官に襲撃され暗殺された。4年後、施設は別の軍事蜂起の現場となったが、岡田圭佑首相はクローゼットに隠れて生き残った。 5人が射殺され、正面玄関のドアに残された銃弾の穴と思われるものが、国が軍国主義の支配に陥ったときに起こった暴動を思い出させるものとなりました。

日本が第二次世界大戦の破壊から抜け出し、その後の数十年間、施設の大規模なオーバーホールはありませんでした。施設は時代遅れになり、多くの内閣府の労働者からは暗いと見なされていました。 産経新聞の報道によると、森喜朗前首相は安倍首相に幽霊を見たと語った。

その大きなホールは、1992年の宴会で病気になり、宮澤喜一首相が亡くなったときに膝の上で嘔吐したジョージHWブッシュ大統領などの外国人客を受け入れるために今でも使用されていました。

政府は住宅を家庭的な環境に変えるために約86億円を費やしました。 その複雑な言葉の彫刻と華やかな部屋は、丹念に修復されました。 外を守る石フクロウの彫刻など、独特の装飾が施されています。

今必要なのは新しい居住者だけです。

誤った情報とあまりにも多くの情報の瞬間に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。幽霊と殺人の話が1929年の邸宅で日本の首相を待っています

Source#幽霊と殺人の話が1929年の邸宅で日本の首相を待っています

Leave a Comment