帝国ホテル東京はクラストレスのパン…そもそもクラストがなかったという意味で

生まれた日のように裸のパン…

私は実際にパンのクラストが好きで、かかとを持つ機会があればそれを愛するような変人です. しかし、日本ではサンドイッチは皮をむいた状態で非常に広く販売されており、スーパーマーケットの多くのパンでさえ、かかとが取り除かれています.

しかし、それが私に引き起こす苛立ちよりもはるかに重要なのは、 このパンの皮への大衆嫌悪が生み出す食品廃棄物の量. 例えば、東京の帝国ホテル。 この高級ホテルが手付かずのサンドイッチを作るために、スライスした白パンの皮を絶えず切り取っています。 しかし、彼ら自身の見積も​​りによると、 これにより、可能であればクラストを他の料理の材料として再利用した後でも、年間 2.5 トン (5,512 ポンド) の無駄なクラストが生成されます。.

▼その小さなサンドイッチは本当に合算します

いくつかの持続可能な開発目標に対処するための抜本的な変更の一環として、帝国ホテルは今年、多くの取り組みを開始しました。 ホテルの料理部門では、食品ロスの削減が掲げられ、 というわけで、10月1日からホテルの東京ベーカリー「ガルガンチュア」という意外にクールな名前のベーカリーが、クラストレスの白パンの提供を開始します。. 皮をむいたパンと混同しないように、 これは最初から皮がないように焼いたパンです.

パンの皮は、パンを焼く熱に直接触れることで表面が発達するため、 ガルガンチュアのパン職人がしなければならなかったのは、温度を下げ、パン全体に熱が分散されて均一に焼けるように焼く速度を遅くすることだけでした。.

そうは言っても、食品廃棄物の削減は、より多くのエネルギー使用を犠牲にして行われる可能性があると主張することもできますが、ベーキングプロセスを詳細に知らなければ、それが事実であるかどうかを判断するのは困難です. いずれにせよ、インペリアル ホテルは 2050 年までに完全にカーボン ニュートラルになるという目標も設定しているため、どうにかしてクラストフリーのパンをこの方程式に組み込む必要があります。

帝国ホテル 総料理長の杉本優さんが考案したパンは、その作りのおかげでしっとりしているという。 にんじんのピューレを混ぜた黄色の品種も開発されています。

このパンは、10月1日にガルガンチュアで最初に提供されます.2,268円(16米ドル)の4種類のサンドイッチを含むミックスサンドイッチセットと、4種類のサンドイッチと新鮮なフルーツで構成されたガルガンチュアサンドウィッチ. 15,120円(105ドル)のパンでできた巨大なバスケット。

▼ガルガンチュアサンドウィッチ

そこから、パンはホテル周辺の他のメニューに追加されますが、今のところ、それらを見つける場所がわかり、まだ販売されている場合はクールなランドセルケーキを手に入れることさえできます. 個人的には、クラスト愛好家として、私が大切にしているすべてのものへの侮辱であるため、これは座りますが、それでも革新を賞賛します.

出典、画像:帝国ホテル
● SoraNews24 の最新記事が公開されたらすぐに知りたいですか? Facebookでフォローして、 ツイッター!

帝国ホテル東京はクラストレスのパン…そもそもクラストがなかったという意味で
Source#帝国ホテル東京はクラストレスのパンそもそもクラストがなかったという意味で

Leave a Comment