巨大な「地震雲」が西日本に現れ、入り口/怖い人【写真】

シュールなシーンは、誰かが天国を2つに分割したように見えます


日本の夏は蒸し暑いですが、ほとんどの国では冬は正反対で、寒くて乾燥しています。 典型的な冬の天候は、空は寒く、空はほとんど雲がありませんが、火曜日に西日本の住民は別のことに目覚めました。

確かに、空は澄んでいて青いと言えますが、それは一点、より正確には線までです。 瀬戸内海の西端に密集した都道府県の多くでは、定規を使って2つの異なる大気のモチーフを分けているように見えました。

または、デジタルバラエティのアートを好む場合は、天国が失敗していて、グラフィックアセットが完全に読み込まれていないように見えました。

また、Twitterユーザーは 日本の主要な3つの島(本州、四国、九州)の都市で、福岡まで西に、岡山まで東に、広島県福山市の写真や動画を投稿しました。 「誰が空を半分に切ったの?」

あなたの個人的な美的および地理的観点に応じて、 あなたはこれらの珍しい雲が美しいと思うかもしれません…

…または不吉な..。

…しかし、これらの条件を次のように言及した一部の日本のTwitterユーザーにとっては最新のものでした。 jishingumo、 また 「地震の雲」。 理論に賛同する人々の中には、このような大きな低地の雲がその形と位置を長期間保持しているため、来たるべき地震の前兆であり、写真を撮る人々の中には驚きと不快感。

▼「岡山のこれらの雲は美しくて不気味です…悪いことが起こらないことを願っています。」

しかし、ジシンモはしばらくの間日本の民俗知恵の一部でしたが、 科学者たちは、異常な雲の形成とその後の地震活動との間に関連性を発見していません。 日本の気象機関WeatherNewsは、雲について話し合ったとき、実に陽気でした。、彼らがいることを喜んで説明します 沖縄を過ぎて台湾に南西に伸びる雲の前線の北端、このビデオの衛星地図に示されているように。

したがって、日本では地震に備えることは常に良い考えですが、科学者は空の奇妙な雲が地面の揺れの前兆であるとは考えていません。

出典:Jin、Hachima Kiko、YouTube / Weathernews、Wikipedia
表紙画像:パクタソ(SoraNews24編集)
●SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに知りたいですか? Facebookでフォローして ツイッター

巨大な「地震雲」が西日本に現れ、入り口/怖い人【写真】

Source#巨大な地震雲が西日本に現れ入り口怖い人写真

Leave a Comment