岸田文雄は核兵器国に透明性の促進を呼びかける

岸田文雄首相は木曜日、すべての核兵器国に対し、その能力の透明性を高めるよう呼びかけ、核不拡散に関する国連会議で最終文書を採択するために最善を尽くすことを約束した。

[1945年に米国の原爆投下で首都が壊滅した広島県の家族に生まれた岸田氏は、核軍縮会議で、日本は核兵器に関して異なる立場にある国々をまとめ、努力の調整を促進することに焦点を当てる主導権を握ると語った。そのような兵器のない世界を実現するために。

「残念ながら、世界が直面している現実は、核兵器の数を減らすこと、ましてや核廃絶についての議論に進展がないということです。 むしろ、核兵器の数が増えるのではないかと懸念している」と述べた。

「次回のレビュー会議は、NPTの基盤を強化し、核兵器国と非核兵器国の間の信頼関係を再構築する機会であり、その結果は、脱出、または核兵器のない世界につながるはずです」と彼は語った。岸田。

岸田首相は、核兵器不拡散条約に関する国連会議の土台を築くために、核軍縮と不拡散に関する特別顧問である寺田稔を関係国に派遣する計画を発表した。

国連レビュー会議は、その運営を検証するために5年ごとに開催されます。 もともとは2020年に行われる予定でしたが、COVID-19のパンデミックを考慮して延期されました。 岸田文雄は2015年に首相として出席し、意見の不一致により最終文書なしで終了した。

木曜日の会議は、核兵器国と非核兵器国の両方からの参加者が1月の会議に先立って意見を交換するためのフォーラムです。

北朝鮮の核とミサイルの開発は、長年の安全保障同盟国である米国の核の傘に依存している日本にとって安全保障上の懸念でした。 核兵器を保有する中国の影響力の高まりも、日本を警戒させています。

岸田文雄は、NPT再検討会議の議長を務めるグスタボ・ズラウビネン氏が出席した仮想会議で、透明性を高めるために核兵器備蓄の開示を再開するという米国の決定を歓迎した。

核兵器禁止条約については、原爆被爆者の呼びかけに逆らって、日本は参加していません。 岸田文雄は、核兵器のない世界にとってこの条約が重要であることを認識しているが、非核兵器地帯の参加なしにその目標を達成するための効果的な手段とは考えていない。

誤った情報とあまりにも多くの情報の瞬間に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。岸田文雄は核兵器国に透明性の促進を呼びかける

Source#岸田文雄は核兵器国に透明性の促進を呼びかける

Leave a Comment