岸田文雄はファイザーに日本へのワクチン供給をスピードアップするよう呼びかける

岸田文雄首相は金曜日、ファイザー社に日本からのコロナウイルスワクチンの契約供給を進めるよう要請した、と政府当局者は語った。

岸田文雄氏は、米国製薬会社の最高経営責任者であるアルバート・ブーラ氏と電話で話し合ったと当局者は語った。

日本は、ウイルスのオミクロン変異体の世界的な拡散が懸念される中、2回目の攻撃と強化の間に計画されている8か月の間隔を修正することにより、3回目の攻撃に進むことを目指しています。

政府は木曜日に、高齢者介護施設の労働者と利用者が2回目から6か月後に3回目のワクチン注射を受けることを許可する取り決めを開始しました。

政府は、6か月の間隔の後に追加免疫注射を受ける人々のためにアメリカのバイオテクノロジースタートアップModernaInc。からのワクチンを使用することを計画しています。 モデルナのワクチンは木曜日にブースターとしての使用が承認されました。

これは、1回目と2回目の注射でModernaの製品よりも多く使用されたファイザーワクチンよりも、3回目の注射でModernaのワクチンがより頻繁に使用されることを意味します。 最初の2回の注射でファイザーワクチンを接種した人の中には、Modernaブースターを接種する人もいます。

誤った情報とあまりにも多くの情報の瞬間に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。岸田文雄はファイザーに日本へのワクチン供給をスピードアップするよう呼びかける

Source#岸田文雄はファイザーに日本へのワクチン供給をスピードアップするよう呼びかける

Leave a Comment