岸田文雄と英国のジョンソンはウクライナ危機での武力行使に反対

ウクライナをめぐる緊張が続く中、岸田文雄首相と英国のボリス・ジョンソン首相は水曜日、現状を無理やり変えようとする試みは容認できないことに同意した。

両首脳は、電話での25分間の会談で、緊張を和らげるための外交努力を継続するために、両国が緊密に協力することを確認した。

「私たちは一貫してウクライナの主権と領土保全を支持します」と岸田は会談後に記者団に語った。 「私たちは引き続き深刻な懸念を持って状況を注意深く監視し、国際社会のパートナーやグループ・オブ・セブンの同盟国と緊密に協力して適切に対応します。」

電話会談の他の場所で、2人の指導者は自由で開かれたインド太平洋地域を促進することに合意した。

彼らはまた、自衛隊と英国軍の互いの領土における法的地位を確立するための協定に関する交渉の継続を含む、安全保障分野における二国間協力を深めることに合意した。

岸田首相は、2011年3月の福島原発事故後に導入された日本食品の輸入制限を撤廃するよう英国に求めた。ジョンソン氏は、この問題は進展していると述べた。

誤った情報と多すぎる情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。岸田文雄と英国のジョンソンはウクライナ危機での武力行使に反対
Source#岸田文雄と英国のジョンソンはウクライナ危機での武力行使に反対

Leave a Comment