岸田文雄が大統領との会談でウクライナの主権への支持を表明

日本の岸田文雄首相は、火曜日にウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領との電話で、ロシアのウクライナ侵略の可能性について懸念の中で、ウクライナの主権と領土保全への支持を表明した。

岸田文雄氏は、30分間の会談で、日本はウクライナの主権と領土保全を一貫して支持しており、現状の一方的な変化を受け入れることはできないと述べた。

日本とウクライナの指導者たちは、状況を悪化させるための外交努力を継続的に続けることに合意した。

彼らは、ウクライナでの日本人の保護と、侵略の際のロシアに対する経済制裁の可能性について話し合った。

岸田はウクライナに約1億ドルの緊急融資を提供することを申し出た。 岸田文雄によれば、ゼレンスキーはウクライナ国内とロシア軍の状況について詳細に説明した。

岸田首相は電話会談後、フランスやドイツなどの主要なEU加盟国からのコメントに合わせて、「グループ・オブ・セブンのパートナーや国際社会と協力して、状況に応じて適切に対応する」と述べた。ウクライナとロシアの間の緊張のさらなるエスカレーションを回避するための外交努力の強化に関して。

「私たちの基本的なスタンスは、国益を念頭に置きながら国際社会と協力することです」と首相は付け加えました。

岸田文雄は、ゼレンスキーとの電話に先立ち、欧州委員会のウルズラ・フォン・デア・ライエン委員長と電話で話し合い、緊張を和らげるために緊密に協力することに合意した。 欧州連合の指導者は、液化天然ガスの輸入の一部を欧州に転用する計画について日本に感謝した。両国は、同省によると、ウクライナに関連する進展を「重大な懸念」で引き続き追跡することに合意した。

日本政府によると、現在ウクライナには約130人の日本人がいます。 東京はウクライナ西部の都市リヴィウに一時的な連絡事務所を開設し、国民に直ちに避難するよう促している。

政府の最高報道官である松野博一内閣官房長官は、「状況を踏まえて、国民の安全を確保するために全力を尽くす」と述べた。

林芳正外相は火曜日の定期記者会見で、ロシアに制裁を課すことは可能な選択肢であると述べた。

「ロシアによる侵略が発生した場合、制裁を含む国際社会との調整により、実際の状況に適切に対応します。」

しかし、林氏は、「外交交渉を通じて解決する」ことを引き続き追求することが重要であり、制裁の可能性については詳しく説明することを拒否した。

一方、岸信夫国防相は、ロシア海軍艦艇が日本海と日本近海で活動を拡大しており、ウクライナ周辺での軍事力増強の中でその能力を発揮しているようだと述べた。

岸田文雄氏は火曜日の日本政府と与党自民党との会談で、ウクライナ情勢は予測不可能だと述べた。

誤った情報と多すぎる情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。岸田文雄が大統領との会談でウクライナの主権への支持を表明
Source#岸田文雄が大統領との会談でウクライナの主権への支持を表明

Leave a Comment