岸田は毎日100万発のブースターショットを展開するために必死に取り組んでいます

岸田文雄首相は、1日あたり100万回のCOVID-19ブースターワクチン接種という目標を達成するために必死に取り組んでいると言われています。

岸田氏は、火曜日の政府と与党連立の連絡会議で、政府の予防接種データ記録システムに登録されたブースターショットの毎日の増加が同じ日に110万ショットに達したと述べ、平均して目標を達成しようとしていると述べた。

「私は、前線で、可能な限りすべての手段を最大限に活用するように命令します」と彼は強調しました。

ブースターショットは、地方自治体が設置した会場、自衛隊が運営する集団予防接種施設、主に職場に設置された会場で利用できます。 3つの選択肢のうち、職場での予防接種の開始は遅かったが、今週は本格的に始まった。

岸田文雄は2月7日に100万ブースター目標を発表したが、投与数の増加は遅い。 先週の1日平均の予防接種数は67万回をわずかに超えており、東京都と大阪府の自衛隊の予防接種会場には空いている予約枠があります。

火曜日、首相官邸は、すべての都道府県と政令指定都市の人口一人当たりの投与回数と予防接種率の開示を開始した。

事務所のホームページに毎日掲載されているデータは、都道府県や市町村ごとのパフォーマンス比較を容易にし、地方自治体間の競争を促進します。

COVID-19ワクチン接種担当大臣の堀内詔子氏は、ブースター効果に遅れをとっている地方自治体の指導者たちと会談している。 火曜日、神奈川県知事の黒岩祐治氏と会談し、住民の7.8%しかブースターショットを受けていなかったため、予防接種施設の拡大などのさらなる協力を求めた。

ブースターワクチン接種の遅れは、地方自治体による動きの遅さだけでなく、オミクロンの亜種に対する一般市民の注意の欠如を反映していると考えられており、ModernaInc。の副作用を懸念している感染者の深刻な症状の発生率は低くなっています。ワクチン。

これらの懸念を払拭することを目指して、閣僚は自分たちでモデルナワクチンを受け取り、ソーシャルメディアでメッセージを送りました。

首相官邸はまた、現在与党自民党広報本部の河野太郎元ワクチン相に、堀内氏とのビデオクリップに出演して、モダーナワクチンの有効性と安全性に対する国民の意識を高めるよう要請した。

さらに、堀内氏は土曜日の夕方、河野氏のインターネット番組に出演し、「ブースターショット後は、前回よりも発熱などの副作用が起こりにくい」と語った。

岸田文雄は、さまざまな政府機関でコロナウイルスワクチン接種に携わる高官との会合を毎日開催しています。 情報筋によると、彼は彼の側近に、100万人の目標が達成されていることを確認するために毎日数字をチェックしていると語った。

岸田文雄氏の努力は、「目標を達成できなかった場合、彼の政権に打撃を与える」ため、重要な段階にあると政府筋は述べた。

誤った情報と多すぎる情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。岸田は毎日100万発のブースターショットを展開するために必死に取り組んでいます
Source#岸田は毎日100万発のブースターショットを展開するために必死に取り組んでいます

Leave a Comment