岸田の顧問がサプライチェーンの人権ガイドラインについて話し合う

岸田文雄首相の顧問である中谷元将軍は、政府は企業のサプライチェーンに関連する人権問題を防ぐためのガイドラインの作成を検討すると述べた。

このガイドラインはまた、日本企業が自社のサプライチェーンやパートナーの国際人権問題を担当する中谷のサプライチェーンを通じてこのような問題に巻き込まれるのを防ぐのに役立つだろうと最近のインタビューで述べた。

中谷氏は、「日本企業が海外活動で損失を被ることを防ぐ必要がある」と述べ、多くの日本企業が人権政策を策定していないか、その方法を知らないという最近の政府調査を考慮に入れているようだ。

彼は、外務・産業・法務省の職員のチームがガイドラインに取り組むことを示した。

春、中国が人権侵害で告発されている新江ウイグル地方で作られた綿で作られた日本のファーストリテイリング社によるユニクロブランドのシャツの輸入を米国当局が阻止したことが発見された。

中谷氏は、「繊維分野だけでなく、ハイテク・センシティブテクノロジー分野の日本企業が海外事業に起因する問題を回避するための対策を検討することを楽しみにしている」と語った。

米国と欧州諸国は、企業に強制労働やその他の人権侵害のリスクに対する予防措置を講じることを要求する、いわゆる人権デューデリジェンスに関する法律を制定しようとしています。

中谷氏は、「日本の企業活動にも大きな影響を与えている」と述べ、「ビジネスと人権の観点から」ガイドラインを策定することに熱意を示した。

中谷氏は、人権侵害を犯した外国政府高官やその他の者に対して制裁を課す米国のマグニツキー法の日本版の立法案は、立法者によって開始されるべきであると説明した。

日本が批准していない国連ジェノサイド条約について、「関連する政府部門と協力して、その必要性と必要な国内法の策定を検討したい」と述べた。

中谷は、ウイグル人イスラム教徒と香港に関連する人権問題に関する疑念と懸念を払拭するために、中国がすべての情報を開示する必要があることを強調した。

中谷氏は、2022年冬季オリンピックの北京での外交ボイコットの可能性に日本が米国や他の国々に加わるかどうかについて、岸田氏はいくつかの要素を包括的に検討する試験を行うと述べた。

誤った情報とあまりにも多くの情報の瞬間に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。岸田の顧問がサプライチェーンの人権ガイドラインについて話し合う

Source#岸田の顧問がサプライチェーンの人権ガイドラインについて話し合う

Leave a Comment