山の男がくれた不思議な果物を漬けてみた【ソラキッチン】

これらのおいしいピクルスは、手に入れるのが難しいですが、食べるのをやめるのはさらに難しいです!

私たちの日本語のレポーター 中澤征爾 私は最近、 藤野神奈川県相模原市の山間部。 東京から約 1 時間のところにある藤野は、人口がまばらな農村地域ですが、今年、清治が主催した毎年恒例の空庭音楽祭の本拠地です。

そらにわ音楽祭のボランティアをしていた頃です。 地元の藤野農家さんから謎のフルーツをプレゼントされ、 彼を奇妙な料理ベースの RPG のキャラクターのように感じさせます。

▼『一人で行くのは危険! これを取る。”

お祭りを手伝ってくれた有志の皆さんにプレゼントされたのですが、誠司さんはこんな実を見たことがありませんでした。 皮のないアボカドのように見えましたが、 果実の表面は乾いていて、硬くて硬かった。 確かに日本では一般的な野菜ではないので、セイジはそれを何と呼ぶか​​、ましてやどうするかについて少し戸惑いました.

彼女は、空庭音楽祭のボランティア仲間の一人で、藤野に住んでいるバタコに尋ねることにしました。 彼らの会話の中で、セイジは突然、フェスティバルの前日にボランティアのグループがバタコの家で夜を過ごし、彼女がみんなに夕食を作った.

▼キューフラッシュバック!

もちろん美味しかったのですが、セイジの注意を引く食事の 1 つの部分がありました。 右側の型に漬けられた謎の物体。

食感はカリッとサクサク、甘さ控えめ。 清治が今まで食べた漬物の中で断然最高で、バタ子に名前を尋ねた。

“あれは ハヤトウリのスカッシュバタカは言った。

ハヤトウリ、としても知られています。 カズー また ホワイトボード、 セイジを困惑させたかもしれませんが、南アメリカやアジアの多くの地域で頻繁に食べられています. 日本全国の通常のスーパーマーケットにはハヤトウリが入っている可能性は低く、セイジは東京の地元のスーパーマーケットで見たことがありませんでしたが、藤野では地元の特産品であり、各家庭には独自の特別な調理方法があります.

セイジは、仲間の空庭ボランティアにレシピを共有するよう依頼することにしました。 幸いなことに、必要な材料は 4 つだけです。 醤油、みりん、酒、ハヤトウリ。 すべての最高の家族のレシピと同様に、各成分の正確な量はありませんので、直感に従ってください.

まず、鍋に醤油、みりん、酒を1:1:1の割合で混ぜ、沸騰させます。 ハヤトウリは薄く一口大に切る。

補足として、ハヤトウリのジュースを刻んだときに反応があると報告しているオンラインのケースがあります. セイジには否定的な反応はありませんでしたが、敏感肌の人は果物を扱うときに手袋を着用することをお勧めします.

混合物が沸騰したら火を止め、ハヤトウリを加えます。

ふたをして、準備が整うまで混合物を休ませます。

このレシピを共有したボランティアの何人かによると、混合物を2回沸騰させると、カボチャがより多くの風味を吸収できるようになります. バタ子の家で食べたカボチャとほぼ同じ味!

セイジの創作料理はバタコの創作料理よりも少し塩気が強かったが、それでも彼の箸は皿から口へと移動し続けた. 次回は砂糖と酢を少し加えて、もう一度やろうと思っています。 そもそも別のハヤトウリを見つけることができる限り!

それまでの間、仲間の羽鳥剛さんとプロのピクルスのおじいさんから、いつでもピクルスを手に入れることができます。

写真 ©SoraNews24
● SoraNews24 の最新記事が公開されたらすぐに知りたいですか? Facebookでフォローして、 ツイッター!
[ Read in Japanese ]

山の男がくれた不思議な果物を漬けてみた【ソラキッチン】

Source#山の男がくれた不思議な果物を漬けてみたソラキッチン

Leave a Comment