寿司職人が電車に包丁を落とし、パニックと遅延を引き起こす

作品を家に持ち帰ってはいけません。

日本では銃器が一般的に希少であることを考えると、ナイフは他人を威嚇したり暴力を加えたりするために頻繁に使用されます. その中でも包丁は、その威圧的な大きさと切れ味から、武装強盗の報告で頻繁に言及されています。

そのため、8 月 26 日の午後 6 時 40 分頃、東京・大田区の京急空港線を走る急行列車など、自然の生息地の外でこれらのキッチン ツールが見られると、警戒が必要になる可能性があります。 そこにあったのは 男性のバッグから 3 本の包丁が落ち、パニックに陥った乗客の 1 人が緊急ドア コック (乗客が手動でドアを開けられるようにするレバー) にぶつかりました。

非常用ドアコックの使い方動画

幸いなことに、電車は泡盛稲荷駅に緊急停車し、乗客はドアからホームに逃げることができました。 警察の緊急番号 110 に電話したり、電車の中で「ナイフを持った人がいる」とソーシャル メディアに投稿したりする人もいました。

騒動により、京急空港線は最大40分間全線運休。 でも、 包丁の持ち主は、新しい職場に刃を移していた50代の寿司職人であることがすぐにわかりました。. 当時、彼は少し酔っていて、電車に乗っている間に居眠りをしていて、刺身包丁、普通の包丁、とがった彫刻刀として知られているナイフを持っていました。 坊主すればいい 彼が巾着袋に入れていたこと 持っていました 彼が動いたときに緩んで落ちた。

乗客が列車から避難しているニュース報道

他の列車の目撃者は、乗客が逃げるのを見たと言いましたが、ナイフの所有者が暴力的に行動していないことに気づき、彼らが到着したときに落ち着いて警察に協力しました. 警視庁は、刃物を携帯していた正当な理由があるため、起訴しないと述べた。

ただし、オンラインのコメントは、鋭利なものの不注意な取り扱いについてはそれほど寛大ではありませんでした.

「ちゃんと締めろ!」
「それらはケースに入れるべきではありませんか? そうすれば、たとえ脱落しても、それが何であるかは明らかではありません。」
「彼はあまりプロフェッショナルではないようだ。」
「誰かが線路に飛び出して殴られたとしたら…」
「料理学校に通っていた頃は、電車の中でいつも包丁を持っていました。 もうそれはできないと思います。」
「罰として、彼は人々のナイフを無料で研ぐことによって社会奉仕を行うべきです。」
「彼はそのために逮捕されるべきだと思います。 ナイフで逮捕される人ははるかに少なくなりました。」
「銃があればこんなことにはならなかった」
「ドライバーを持っていたら逮捕されるけど、こいつは大丈夫」

日本でナイフを携帯する際の経験則は、ナイフを所持するための即時の合法的な理由が必要であるということです. 最近、警察は、キャンプ用ナイフを車の中に置いたままにしないように警告を発しました。 警官がキャンプ旅行中にナイフを見つけた場合、通常は許可されますが、3 日後に発見された場合は犯罪と見なされる可能性があります。

これは多くのあいまいさを生み出し、ナイフや、場合によっては「念のため」の目的でドライバーなどの他のツールを持ち運ぶ人々は、アイテムを見つけた警官の判断に翻弄される可能性があります. だから、日本で公の場に出ている間は道具に気をつけてください.なぜならそれは危険なビジネスだからです.あなたが明らかに酔っ払った寿司職人でない限り.

出典:読売新聞1、2、朝日新聞、八間機工
トップ画像:パクタソ
● SoraNews24 の最新記事が公開されたらすぐに知りたいですか? Facebookでフォローしてください。 ツイッター!

寿司職人が電車に包丁を落とし、パニックと遅延を引き起こす
Source#寿司職人が電車に包丁を落としパニックと遅延を引き起こす

Leave a Comment