宮崎駿がトトロを作るきっかけとなった実在の森が自然保護区になります

26億円のプロジェクトで約7,000本の木が保護されます

日本の田舎を旅すると、に見られる美しい牧歌的な風景を思い出させるスポットがいくつか見つかるでしょう。 スタジオジブリのとなりのトトロ。 映画のインスピレーションとなった特定の森林地帯が1つあり、それが 所沢、埼玉県の東京のすぐ北。

監督 宮崎駿 所沢の散歩からインスピレーションを得た 上山 エリア、そして町への彼の接続はで終わっていませんでした トトロの 1988年にリリースされました。 宮崎は1970年から町に住んでいます そして、その自然空間の保全を個人的な目的とし、彼は現在、市政府にも大規模にそうするように促しています。 古い所沢と森を散歩しながら 藤本正人 2018年、宮崎は発言した 「この風景がトトロを生んだのです。 それは私にとって重要であり、それが私がこの近くに住んでいる理由です。」

▼宮崎さんの奥さんのイラストが素敵な美しい本もあるので。

そのコメントは、に成長したアイデアの種を植えました 上山の約3.5ヘクタール(8.6エーカー)の土地を保護された緑地に変える所沢プロジェクト。 現在の土地所有者は、自分たちの資産を市に売却することに同意しました。市は、およその費用でそれを購入します。 26億円 (2000万ドル)。 保護される予定の土地には現在、いくつかの土地が含まれています 7,000本の木

政府資金に加えて、 スタジオジブリのサポートによるクラウドファンディングキャンペーン、費用の一部をカバーするために開催されます。 ジブリは、となりのトトロの背景画を5枚提供し、額装された複製画に使用します。、5つのB4サイズ(25.7 x 36.4センチメートル)のセット [10.1 x 14.3-inch])所沢市の住民と市外の住民の両方が作成できる25,000円の誓約と引き換えに利用できる絵画。

▼アート作品のサンプル

9月に開催されるキャンペーンでは、当初1,000枚の絵画セットが提供され、需要に応じて追加の実行が可能です。

出典:Yahoo!経由の読売新聞東京新聞オタコム経由の日本ニュース
上の画像:スタジオジブリ
画像を挿入©SoraNews24
●SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに聞きたいですか? Facebookでフォローして ツイッター

宮崎駿がトトロを作るきっかけとなった実在の森が自然保護区になります
Source#宮崎駿がトトロを作るきっかけとなった実在の森が自然保護区になります

Leave a Comment