女子高生がジョニーの7MEN侍メンバーをストーカーで逮捕

幸いなことに、緊張した出会いで誰も傷つけられませんでした。

5月18日、警視庁は、ストーカー規制法および身体的暴力の処罰に関する法律に違反したとして、横浜市で17歳の高校生を逮捕したと発表しました。 これらの犯罪の犠牲者は、新進気鋭のジャニーズJr.グループ7MEN侍のメンバーである佐々木太鼓でした。

▼7MEN侍、左から佐々木太鼓

警察によると、学生は佐々木を追いかけたと報じられた。 2021年4月1日から2022年5月8日までの間に少なくとも4回。彼女は突然ミュージシャンに声をかけるか、彼を真っ青からつかむかのどちらかで現れました。、そして彼の安全を恐れて、彼は昨年11月に警察に連絡した彼の代理店に相談した。 当局は少女に警告を発し、4回両親と話しましたが、彼女の行動を決定するようには見えませんでした。

4月30日、彼女は再び佐々木に近づき、約200メートル(650フィート)彼を追いかけましたが、今回はカッターナイフを持っていました。 佐々木は当時ヘッドホンをつけていたので何を言っているのかわからなかったが、朝日新聞によると、刃を振り回しながらの言葉は「ストーカーを気にする必要はない。もう行かないから、日刊スポーツは「このカッターナイフを買って死にました。 死ぬ前に謝罪したかったので、あなたのところに来ました。」

警察によると、佐々木容疑者は混雑した通りで誰かに危害を加えるのではないかと恐れて、なんとか落ち着いてすぐに経営陣の事務所に行った。 幸いなことに、彼女は自分自身や他の人に危害が及ぶ前に逮捕されました。

ニュースの読者は、次のようなオンラインコメントに関係するすべての人に同情を共有しました。

「それは怖いことを超えています…」
「彼女はカッターナイフを使うつもりだったの?!」
「ストーカーは非常に恐ろしいです。」
「この種のニュースは頻繁に報道されますが、何回起こるのだろうか、私たちはそれについて聞いていません。」
「それは、エンターテイナーを彼らが「所有する」ものとして見た結果です。 これらの人々が自分たちの生活を送っていることに気付いたとき、彼らはそれを処理することができません。」
「彼女にはおそらく友達がいなかったでしょう。 人生がこのようになることもあるのは悲しいことですが、佐々木が怪我をしていなくてよかったです。」
「彼がこれから持つすべてのファンの中で、残念ながらこれはおそらく彼の心に残っているでしょう。」
「太鼓は大丈夫かしら。 彼は心から怖がっていたに違いない。」
「そのような人は、「ファン」と呼ばれる資格さえありません。」

奇妙なことに、佐々木は有名人であるにもかかわらず、容疑者は路上での偶然の出会いによって彼に夢中になり、少なくとも最初は彼の作品のファンではなかったようです。 彼女は警察に次のように語った。「昨年4月に渋谷駅で彼に会い、一目惚れした後、追いかけ始めた。 私が考えることができたのは彼だけだった」と語った。 彼女が彼に初めて気付く前に彼の仕事に気づいていなかったことを示唆している。

▼佐々木は、太鼓の挑戦のホームビデオのパンデミック中にオンラインで大きな支持を得ました

もしそうなら、誰もがストーカーの望まない注意に無意識のうちに足を踏み入れることができるので、私たち全員がそこに警戒して安全を保つことは重要なリマインダーです。 幸いなことに、今回は誰も被害を受けませんでした。関係者全員が、将来進むために必要な支援を得ることができれば幸いです。

出典:朝日新聞、日刊スポーツ、マイゲームニュースフラッシュ
上の画像:YouTube/りあ
画像を挿入:©Johnny&Associates
●SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに聞きたいですか? Facebookでフォローして ツイッター

女子高生がジョニーの7MEN侍メンバーをストーカーで逮捕
Source#女子高生がジョニーの7MEN侍メンバーをストーカーで逮捕

Leave a Comment