奈良県に鹿肉せんべいの自動販売機が登場

動物だけがそれらを購入するためのコインを持っていたら.

日本の奈良市では、 奈良公園2つの寺院を収容する、 東大兵衛興福寺と呼ばれる神社 大社恭介 野生の1000頭以上のシカ.

シカは春日大社の神との神聖な関係から国宝として保護されており、主に公園周辺の草を食べますが、主食は餅です。 米ぬかと小麦と水から作られています。

これらの鹿肉のクラッカー、または「鹿せんべい日本語で知られているように、動物の健康的なおやつと考えられており、公園内の屋台や土産物店でベンダーによって販売されています. 観光客は鹿にクラッカーを食べさせて喜んでいますが、夜は店が閉まるため、お菓子を購入できるのは日中だけです。

では、日が沈むときにお腹を空かせたシカが近づいてきたら、訪問者はどうすればよいでしょうか。 さて、今では訪問者が昼夜を問わずいつでもクッキーを手に入れる方法があります。 このエリアには、DyDo が運営する新しい自動販売機がいくつかあります。

▼この報道では、10月22日にオープンしたマシンの1つがグランドアンベールされました。

▼「鹿の自販機が好き」が奈良公園内の六園と春日大社国宝館に設置されました。

園内で販売されている白い紙袋のクッキーとは異なり、マシンに入っているクッキーは小学生のデザインのかわいい箱に入っています。

▼デザインは公益社団法人主催のコンテスト入賞作品。 奈良鹿保護財団それは鹿の世話をするのに役立ちます。

箱自体の素材にもこだわったパッケージは、「特殊紙」と呼ばれる特殊紙を使用。米紙” (文字通り “ライスペーパー」)。 その名の通り、廃棄されてしまうお米を使って、お米と紙を混ぜ合わせた素材です。 米と紙を混ぜるという日本古来の伝統の新しい解釈江戸時代(1603~1867年)まで人気がありました。

過去に、公園のシカの中には食べてはいけないものを食べて死亡したものもあり、1 頭の死んだ動物の胃の中に 7 ポンド (3.2 キログラム) のプラスチックが発見されました。 動物にも環境にも優しい新しい紙製パッケージで、箱を購入した人は奈良旅行のお土産として自宅で再利用することをお勧めします。

また、米紙クリエイターは売上の一部を 奈良鹿保護財団 動物を支援し、鹿と人間が平和に共存できる環境を育むのに役立ちます。

新しい自動販売機は、ベンダーが閉まっている場合でも鹿肉のクラッカーを購入できるようにすることで、観光客が食べてはいけない動物の餌を動物に与えるのを防ぐのに役立ちます.

次回奈良公園にお越しの際は、ぜひ新しいマシンに注目してみてください。 1箱10個入りで500円(3.40ドル)で、ベンダーで200円で販売されている通常の10個パックのせんべいよりも少し高価ですが、それは便利さのために支払う価格です.箱入りのお土産。

出典:ネットラボ 食品ロス資料
写真 © SoraNews24
● SoraNews24 の最新記事が公開されたらすぐに知りたいですか? Facebookでフォローして、 ツイッター!

奈良県に鹿肉せんべいの自動販売機が登場

Source#奈良県に鹿肉せんべいの自動販売機が登場

Leave a Comment