太平洋の島々は、汚染を恐れて福島の残骸の放出を遅らせるよう日本に要請する

太平洋島嶼国は、漁業への汚染を恐れて、破壊された福島原子力発電所からの水の放出を遅らせるよう日本に求めている、と太平洋諸島フォーラム(PIF)は水曜日に述べた。

日本政府は先週、福島第 1 原子力発電所からの水がこの春か夏頃に海に放出される可能性があると述べ、数十年前の核実験の遺産にいまだに取り組んでいる島嶼国の間で懸念を引き起こしている。

日本は、2021 年 4 月の処理後に、100 万トン以上の水をこの場所から海に放出することを承認しました。

間違った情報と過剰な情報が混在する時代に、 質の高いジャーナリズムがこれまで以上に重要になっています。
購読することで、ストーリーをよく理解するのに役立ちます。

今すぐ登録

太平洋の島々は、汚染を恐れて福島の残骸の放出を遅らせるよう日本に要請する

Source#太平洋の島々は汚染を恐れて福島の残骸の放出を遅らせるよう日本に要請する

Leave a Comment