大阪オミクロンの症例は、日本で最初の亜種のコミュニティ感染を示しています

日本は大阪府でコロナウイルスのオミクロン変異体の最初の地域感染を報告し、3人が未知の経路でウイルスに感染したことが確認された、と県知事は水曜日に言った。

吉村洋文大阪府知事は、日本が国境管理の厳しいオミクロンについて警戒を怠っていない時期に、「国内で最初に散在するコミュニティだと考えられている」と述べた。

後藤茂之保健相は記者団に対し、事件は地域社会への伝達に相当することを確認し、政府は当面の間、現在の国境管理措置を維持し、変種に対する措置を準備する時間を確保すると付け加えた。

後藤氏によると、政府は都道府県に、検査と、発生の可能性に備えるための病床の能力を検証するよう要請したという。

都道府県が水曜日に亜種に感染したと報告した4人のうち、3人は海外旅行歴のない親戚である。

30代の男女と10歳未満の少女の3人は、土曜日から月曜日にかけて発熱などの軽度の症状を示し、入院しました。

都道府県の関係者によると、男は教師で、土曜日に体調を崩す前日まで働いていた。 都道府県は、勤務先の学校のすべての教師と生徒に対してPCR検査を実施します。

4人目は海外から帰国した30代の男性。 男性は空港のチェックで陰性だったが、オミクロン感染の症例が見つかった飛行機に乗っていたため、オミクロン患者との密接な接触のために指定された都道府県のホテルで隔離されていた。 彼は後にオミクロンの検査で陽性となり、入院しました。

吉村は、亜種のコミュニティ感染が発生したことを考慮して、予防措置を講じるよう人々に求めました。

また、沖縄県知事の玉城デニー氏は、沖縄県知事の玉城デニー氏は、沖縄の米軍基地で働く日本人男性2人がオミクロンに感染していることが確認され、県内の既知のオミクロン感染の総数は6人に上ったと述べた。

このニュースは、日本の空港での初期検査に合格したオミクロン感染症の最初の報告から数日後に届きました。 20代の女性は、米国から帰国した後、東京の自宅で隔離されたときに、この亜種の検査で陽性を示しました。

誤った情報とあまりにも多くの情報の瞬間に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。大阪オミクロンの症例は、日本で最初の亜種のコミュニティ感染を示しています

Source#大阪オミクロンの症例は日本で最初の亜種のコミュニティ感染を示しています

Leave a Comment