大阪の象徴的な通天閣タワーに長さ60メートルのらせん状の滑り台が開く

大阪市の象徴的な通天閣に取り付けられた長さ60メートルのスパイラルスライドが月曜日に一般公開され、ライダーはこの地域の景色を楽しみながら約10秒のスリルを体験することができます。

タワースライダーという名前の新しいアトラクションは、地上22メートルの展望塔の3階から地下1階まで人々を連れて行きます。 レトロな雰囲気で周辺が知られる高さ108メートルのタワーは、開場前に約40人が並んでいた。

この記事を表示できませんか?

ブラウザの広告ブロックまたはセキュリティソフトウェアが原因である可能性があります。

追加してください
www.japantimes.co.jp / Buy-ap.piano.io
許可されたサイトに読み続けます。

誤った情報と多すぎる情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。大阪の象徴的な通天閣タワーに長さ60メートルのらせん状の滑り台が開く
Source#大阪の象徴的な通天閣タワーに長さ60メートルのらせん状の滑り台が開く

Leave a Comment