大阪のバス運転手、蒸しパンを食べてアルコール検査で不合格

友達は、友達にパンを食べさせたり、バスを運転させたりしません。

日本のコンビニやスーパーに並ぶ数ある焼き菓子の中でも、 ムシパン それは確かにシンプルで安価なスナックです. 技術的には蒸して焼いていませんが、その信じられないほどふわふわした食感は、どんなケーキやマフィンにも匹敵する満足感を与えてくれます。

▼そして炙ってさらに旨い!

大阪府高槻市の市バスの運転手さんも、10月23日に出勤前に選んだ朝食でした。 デポに到着する約 15 分前にすばやく 1 発撃ち落とした後、運転手は呼気検査を受け、1 リットルあたり 0.11 ミリグラムの数値が示されました。

これはまだ法的制限の 0.15 ミリグラムを少し下回っていましたが、会社の制限である 0.07 ミリグラムを超えていました。 「ムシパンを食べてしまった」と謝罪したが、それでも会社は彼の運転を禁止し、正式に叱責した。

これは業界では珍しい問題ではなく、ムシパンに加えて、他の種類のパン、サンドイッチ、キムチ、または栄養ドリンクを消費するドライバーで発生しています. うがい薬の使用でさえ、制限を超えるドライバーが発生しました。

▼日本酒風味のキットカットが火遊びなのは言うまでもありません。

ほとんどの場合、ムシパンのように食品自体に微量のアルコールが含まれています。 ビールや日本酒の製造と同様に、酵母は小麦や米などの穀物を発酵させ、デンプンを糖に変え、アルコールに変えます。

アルコールの量は非常に少なく、それを食べた人を酔わせることはまずありません。 それにもかかわらず、 パンの粒子はタインの間に挟まれ、アルコール検知器のビジネスエンドのすぐ隣に配置されます。. 技術的には、人のシステムからは何も来ていなくても、デバイスに入る息にはアルコールが含まれています.

幸いなことに、ほとんどの場合、これは歯磨きとうがいをすれば簡単に直りますが、この40代のドライバーの場合、2回うがいをして再テストしても限界を超えてしまい、運転を禁止されました。 彼に疑いの余地を与えたのは、おそらく彼がテストを受ける直前にパンを食べたからでしょう.

これは運輸業界の人々にとっては常識ですが、オンライン コメントの多くの人々は、特定の食品とそれらを取り巻くルールのこの効果に驚いていました。

「パンにアルコールは入っていますか?」
「タクシーの運転手から、パンを食べたり、検査の直前に歯を磨いたりすると、それができると聞きました。」
「私の上司はアルコールでアルコール消毒をすることを決めたことがあり、その日、全員が陽性反応を示しました。」
「むしぱんは食べられないの? だめだ…」
「何にでもアルコールが入っているようで、アルコールアレルギーなので怖い」

「そのせいで、他のパンよりも悪いパンがあると聞きました。」
「私はトラックを運転していますが、仕事の前に食べてはいけないと言われました。そうでなければ食べられませんでした。」
「ドライバーが食べるものにそれほど注意しなければならないことを知りませんでした。」

これらのドライバーは技術的に好きなだけ食べることが許されていますが、飲酒検査を受ける前に痕跡が残っていないことを確認する必要があります。 車の後ろで働く友人や家族への食用ギフトを選ぶ際にも知っておくとよいでしょう。 アルコールの痕跡がまったく含まれていない食品を知る必要があります…クワガタムシだけが頭に浮かびますが、それについてはよくわかりません.

出典:読売オンライン、毎日新聞、マイゲーム速報
画像:©SoraNews24
● SoraNews24 の最新記事が公開されたらすぐに知りたいですか? Facebookでフォローして、 ツイッター!

大阪のバス運転手、蒸しパンを食べてアルコール検査で不合格

Source#大阪のバス運転手蒸しパンを食べてアルコール検査で不合格

Leave a Comment