大阪で最も有名なタワーを滑り降りて、無料のカレーを手に入れます

それはもっと高いかもしれませんが、それをスライドさせます。

多くの人と同じように、私は時々良いスライドを楽しむ人です。 しかし、この趣味は、小さなタイガとクルミが底から離れるのに十分な感覚を持っていないため、遊び場で怒っている両親に怒鳴られることがよくあります。

だから、私はいつも、私の年齢と知恵のある人が、チューブを非常に速く通り抜ける行為を快適にくすくす笑うことができる場所があればいいのにと思っていました。 さて、私の祈りは地球上で最も大阪で最も場所で答えられ、構築されたようです…

▼見よ! 新世界! (右側で取り壊されている老朽化したお化け屋敷は無視してください)

新世会は、子供のような無邪気さと怪しげなギャングの間にある非常に太い線をなんとかぼかすことができる、奇妙に楽しい場所です。 スラム街と最先端の商業施設の両方の端に位置し、すべてが渦巻くような文化的な渦のように機能し、観光客でさえない都市計画のデザインに包まれています。もっと。

この地域のマスコットは、セントルイス大学のような場所にまだ存在しているが、今日まで大阪で多くの悪評を楽しんでいるアメリカ製のゴブリン、ビリケンです。 それは、フローレンス・プレッツによって「物事の神は彼らがなりがたい方法」、言い換えれば、「おいおい、それはすべて良い」の生きた具現化として作成されました。

この地域の目玉は、第二次世界大戦中に破壊された塔に代わる1956年に建てられた通天閣です。 1912年に建てられたオリジナルは、凱旋門の上にあるエッフェル塔に似ていましたが、この新しいデザインは、東京タワーも製作した内藤多仲によって作られたオリジナルでした。

しかし、内藤の天才でさえ想像できなかったのは、大きくて古い楽しいスライドが横を走っていた。 幸いなことに、その設計上の欠陥は、 タワースライダー

残念ながら、このスライドはタワー全体を網羅しているわけではありませんが、指を交差させて、将来的にいくつかのアップグレードを行います。 でも、 展望台から地下階に下がるのは、60メートル(197フィート)の長さのコイル状のスライドに沿った26メートル(85フィート)の垂直降下です。

タワースライダーは、タワーの下からワクワクランドの入り口からアクセスできます。 窓際の「うまい棒屋さん」は別店の広告に過ぎないので、少し後で説明します。

そこから、チケットを購入する必要があります。 大人1,000円(7.69米ドル)、小学生以上の子供はたったの500円、そして残念ながら、あなたがあなたの年齢に対して非常に未熟であると彼らに言うことは、いかなる割引にも効果がありません。 しかし、驚いたことに、 通天閣もカレーの箱もプレゼントされました

▼ビリケンの精神で、箱の裏側には、気にしないのであれば、加熱する必要すらないと書かれています。 それはすべて良いです、男。

それは本質的にただの大きなスライドのために驚くほどタイトに走った船でした。 スタッフがいたるところに案内してくれました。 荷物を保管するためのロッカーは無料で利用でき、エレベーターで展望台に連れて行ってくれました。

▼入口はスライド下部にあります

そこから別の短い階段を上った。

ただのスライドだったので、ラインはかなり速く動きました。 誰もがヘルメットを装着し、スライドするマットを装備しています。 マットの下部には足を入れるためのポケットがあります。これは、残念ながら、このスーパーマンスタイルのスライドを降りることができないことを意味します。

▼本当にスーパーマン風になりたかった…

待っている間、あなたがどれだけ高いかを見ることができます。 また、あなたの前に行く人々の断続的な悲鳴を聞くことができます。

私の番が来ると、スタッフが私のマットをレイアウトし、私が登るのを手伝ってくれました。 前のスライダーが外れ、海岸がきれいであることを確認するためにカメラがセットアップされました。 次に、彼らは小さなカメラを起動し、それに手を振って、シュートを下ろすように頼みます。

残念ながら、スライドに乗っている間はビデオを撮ることはできませんが、 下部には、Wi-Fiを使用して携帯電話にダウンロードできる無料のお土産ビデオが用意されています。。 彼らがみんなに彼らの電話をそこに持って行かせれば、人々がそれらを左右に落とし、遅れを引き起こすことをあなたは知っているので、それはおそらく最高です。

ただし、このビデオは、実際にはスライドの上部と下部を撮影したものであり、その間にストック映像がいくつかあります。

▼私は実際にカメラの平和サイン以上のことをしましたが、彼らはそれを切り取ったのです。 感心しません。

乗車自体は約10秒かかりました。これは、スライドとして考えるとかなり長い時間です。 最初のセクションでは、塔の残りの部分を見上げることができるように上部に窓があり、下半分はすべて点滅するライトで飾られています。 ウォータースライドによく似ていますが、水がなく、全体として優れたソリッドスライドです。 実際、あなたがその中にいるその10秒間のウィンドウの間にたまたまストライキが起こったとしても、それは耐震性さえあります。

ちなみに、その後はもちろん、ワクワクランドの入り口にあるうまい棒屋さんに行ってみました。もちろん、うまい棒の恵みと引き換えにコインの提供を受け入れるうまい棒のマスコットを祀るビリケン神社もありました。

▼うまい棒のマスコットがドラえもんとほぼ同じように見えるのに、不満がない理由は誰にもわかりません。

全体、 タワースライドには満足しましたが、タワーの最上部まで伸ばせば、 本当 何か持っている。 繰り返しになりますが、物事は本来あるべき姿であるかもしれません。少なくとも、家で楽しみにしているカレーを持っていました。 期間限定のプレゼントだと思いますので、なるべく早くタワースライダーをチェックしてみてください。

スライド情報
タワースライダー/タワースライダー
恵美須東大阪市浪速区1-18-6
大阪市浪速区恵美須東1-18-6
営業時間:10 a.m. – 7:30 p.m.
入場料:1,000円(大人)、500円(小・中学生)
Webサイト

写真©SoraNews24
●SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに聞きたいですか? Facebookでフォローして ツイッター

大阪で最も有名なタワーを滑り降りて、無料のカレーを手に入れます
Source#大阪で最も有名なタワーを滑り降りて無料のカレーを手に入れます

Leave a Comment