大手通信会社、3500万人に200円の謝罪金支給

さて、皆さん、すべてを 1 か所で費やさないでください。

7 月 2 日、日本最大の通信会社の 1 つである、 KDDI 3,000 万人をはるかに超える人々と多数のビジネス サービスに影響を与えたと言われている、人的エラーによる大規模なネットワーク障害を経験しました。。 場合によっては80時間にも及ぶ長い時間であり、一部の人にとっては軽い不便でしたが、携帯電話サービスauに依存している多くの人々は、本質的に緊急サービスから切り離され、追加の状況に置かれました.かなり長い期間のリスク。

KDDI幹部による謝罪会見で停電の報道

問題が発生してから、何が起こったのか、何ができるのかについて多くの議論がありました。 7月29日、KDDIの高橋誠社長が記者会見を行った。。 高橋社長は再度謝罪した後、メンテナンス作業中に発生した経緯と再発防止策について説明した。

また、今回のような緊急時に、大手通信会社同士がお互いの顧客にローミングでサービスを利用できる体制に向けたさらなる進展についても前向きに語った。 それはすべて素晴らしいニュースですが、本当の見出しは 発行するという会社からの約束 オワビ (お詫びのジェスチャー)約3589万人のお客様に…

…なんと200円!

承諾する、 同社側では、実際には70億円(5200万ドル)を超える巨額の金額です。 しかし、他の誰もが 1 セントのチップをもらったウェイターのように感じたに違いありません。 私が間違っているかもしれないので、このニュースについてのコメントを見てみましょう。

「200円笑」
「二笑百笑円笑!」
“聞こえたの? 二百円!」
「200円ロロロロロロロロロロ」
「これでOKな飲み物がもらえるよ」
「お菓子を買いに行きます!」
「これでレッドブルを買う余裕はない。 残りはうちの子が貸してくれるかも」
「電話が使えなかったので、その日は仕事ができませんでした。 何を得るか?
「笑 それはひどい。」
「むしろ70人に1億円のチャンスを与えてほしい」
「それは、私が娘の 1 年生の修学旅行のおやつに与えるものと同じです。」
「まあ、最初は怒ってたけど…」

200円に加えて オワビ、24 時間以上停止の影響を受けた約 270 万人の顧客は、次の請求書で 2 日間の使用分が払い戻されます。 さらに高橋社長は、罰として自分の給料を3か月間20%減額すると約束した。

これらすべてが会社の収益にどのように影響するかはまだわかりません。 普段は株のアドバイスもしないのですが、突然200円の大暴落が迫っているので、今こそアイスキャンディーやパフコーンスナックに多額の投資をする絶好の機会だと感じています。

出典:TBSニュースディグ、インプレスウォッチ、ケータイウォッチ、イタイニュース
トップ画像:ぱくたそ
● SoraNews24 の最新記事が公開されたらすぐに知りたいですか? Facebookでフォローしてください。 ツイッター

大手通信会社、3500万人に200円の謝罪金支給
Source#大手通信会社3500万人に200円の謝罪金支給

Leave a Comment