大仏風味の飲むホイップクリームの自販機を発見

思わず「…売ってる」と思わせる、日本の自販機ラインナップの最新作。 ?!」

日本は本拠地として有名です 世界で最も奇妙な自動販売機。、そしてある程度、その評判には理由がないわけではありません。 私たちの旅レポーター 佐藤さん 最近、興味深い商品を販売している自動販売機の 1 つに出くわしました。 一見普通の缶飲料販売機に見えますが、よく見ると…

…彼らは本当に 飲めるホイップクリームの缶。

具体的には、缶は次のようにラベル付けされています 「飲み物である生クリーム」、 これは日本語で生のホイップ ドリンクです (生ホイップは飲みもの)、しかし ‘ に縮小されましたナマノミ‘。

クリーミーな缶詰デザートのアイデアは、2021 年に Gaku の絶大な人気を博した缶詰ケーキで流行し始め、その後、多くの同様の製品が発売されました。 しかし佐藤さんは、こんな自販機でこんなスイーツを見たのは初めてだったので、じっくりと見てみました。

ナマノミのクリーミー缶には、マスカルポーネチーズ味のホイップクリームとハワイアンカウコーヒー味のホイップクリームがあり、どちらも魅力的でした。 しかし 佐藤さんが特に気になったフレーバーが…。

大仏の味…!?

佐藤氏は、SoraNews24 のフード ライターとして在職中、多くの奇妙な味を試してきましたが、大仏はその 1 つではありませんでした。 そもそも大仏ってどんな味?

佐藤さんは心配そうに財布に手を伸ばし、クリーミーな大仏の缶を開ける感覚をすでに想像していました…

…しかし、大きな失望に見舞われました。 仏の偉大な味は完全に尽きました!

大仏がどんな味なのか興味津々だった通行人は佐藤さんだけではなかったようで、機械に入っている味はすべて売り切れていたようです。 代わりに、佐藤さんは ハワイ マイ コーヒー 風味豊かなホイップクリーム。 生の実の缶はすべて 1,000 円 (US$6.75) で、オリジナルの缶詰ケーキを含む他の有名な缶詰デザートよりも少し高価です。

自動販売機から出てきた「ドリンク」は凍ったままなので、佐藤さんは持ち帰り、冷蔵庫で3時間ほど解凍。

「飲む」準備ができたとき、佐藤さんはリングタブを外し、これを見つけました.

ラベルには「飲めるホイップクリーム」とありますが、夏の暑い日にゴクゴク飲むようなものではなく、かなりどっしりとした濃厚な味わいでした。 常温で完全に溶けたらもっと飲みやすいかも。 しかし、とりあえず佐藤さんはそのままテストすることに。

ハワイ カウ コーヒーのフレーバーは、アイスクリームに似た滑らかでクリーミーな風味でしたが、技術的には「ラクト アイス クリーム」に分類されます。乳脂肪を含む必要はありません。 ただし、通常のラクトアイスクリーム製品とは異なり、なまの実は滑らかな食感とコーヒーの苦みがわずかにありました.

佐藤さんはブッダ味のクリームがなかなか手に入りませんでしたが、毎日ではなかなか味わえない美味しい缶ホイップを楽しむことができました。 調べてみると、大仏味はほうじ茶の一種で、一般の方だけでなく、なまのみのスタッフにも人気があることがわかりました。

大仏を体験したい場合は、秋葉原のラジオセンターモールの10階と新宿アルタモールの地下2階にナマノミの自販機があります.

画像 © SoraNews24
● SoraNews24 の最新記事が公開されたらすぐに知りたいですか? Facebookでフォローして、 ツイッター!
[ Read in Japanese ]

大仏風味の飲むホイップクリームの自販機を発見

Source#大仏風味の飲むホイップクリームの自販機を発見

Leave a Comment