外国人ローソン社員が寿司やクリスマスケーキの購入を強要されるなど不当な扱いを主張

恵方巻もいいけど、自分たちで買うのも大事。

ここ最近、コンビニエンスストアなどでの外国籍従業員の数が着実に増加しています。 日本語を母国語としない店員と話すとき、自分の日本語についてあまり意識しない傾向があるので、私はそれが好きです。

しかし、日本の同質的な文化に深く慣れ親しんでいる雇用主にとっては、多様性に対する理解を深める必要があることを意味します。 これは、コンビニエンス ストア チェーンのローソンが教育を受けていることです。 バングラデシュ、スリランカ、ネパールなど出身の10名の従業員グループ.

▼ ローソン本社外で取材に応じるメンバー

全員が埼玉県内のローソン店舗での職業紹介、 8月1日に東京のローソン本社で雇用条件を再交渉するためにチェーンとの団体交渉を要求した.

会議中 交通費が支給されない、季節商品を直営店で買わざるを得ないなど、現在の雇用制度に不満を漏らした 恵方巻やクリスマスケーキなど。

▼恵方巻とクリスマスケーキは、コンビニでだいたい2,000円前後で売られています。

宗教上の食事制限などで、買うべきものを食べられないケースもあったという。 バングラデシュのあるヒンズー教徒の従業員は、「彼らが私に買わせたもののほとんどを捨てました」と語った.

▼公平を期すために、ジョージ・マイケルはイエスよりも日本のクリスマスと密接に関連しているため、イスラム教徒やヒンズー教徒にクリスマスケーキを買わせることの本質的な間違いに気付いていない人もいるかもしれません.

オンラインのコメントの中には、従業員が条件が気に入らない場合は仕事をやめるべきだという不平がありましたが、企業が従業員に自社の製品を購入させることは、特にそれが彼らの信念に反する場合には、そうすべきであるというポリシーであることにほとんどの人が同意しました。変更されます。

「従業員が十分に売れなかった場合、ノルマを補うために残りを買わなければならないことの 1 つですか?」
「巻き寿司を食べない宗教ってあるの?」
「ローソンは豚肉や牛肉が入った巻き寿司を売っていると思います。」
「パートタイム労働者にノルマを課すのは十分に悪いことですが、彼らの宗教に反対するのはひどいことです。」
「日本人は無言で怒りを抑え込むが、外国人は団結してより良いものを要求する。 彼らにとって良いことです!

「自分の信念に反するものを誰かに買わせることは、厳密には犯罪ではないか?」
「恵方巻きもそんなに美味しくない」

私の意見では完全に間違っている最後のコメントは別として、この問題についていくつかの良い点がありました。 従業員が特定の業界で割り当てを満たすために自分の製品を購入するように強制されるこの慣行は、日本では珍しくなく、「地爆 営業」とは、英語で「自爆販売」を意味します。

もちろん、これは従業員からお金を吸い上げるという犠牲を払って会社や支店の売上高を増やすだけであり、したがって「自滅」します。 労働基準法にも違反しており、宗教的側面が含まれている場合、憲法上の権利を侵害している可能性があります。

ローソンの担当者は、従業員の要求の事実をまだ確認しているとメディアに語った、しかし、それらに暗示される潜在的な違反は、企業で失われることはありません. そのため、店舗での労働条件を見直し、外国人従業員だけでなく日本人従業員についても状況を是正してくれることを願っています。

出典:東京新聞、イタイニュース
写真 ©SoraNews24
● SoraNews24 の最新記事が公開されたらすぐに知りたいですか? Facebookでフォローしてください。 ツイッター!

外国人ローソン社員が寿司やクリスマスケーキの購入を強要されるなど不当な扱いを主張
Source#外国人ローソン社員が寿司やクリスマスケーキの購入を強要されるなど不当な扱いを主張

Leave a Comment