塩ミルクあんこ…オムレツ? 日本のベーカリーがケーキ セクションにサプライズを追加

話題の新商品。

日本には、店舗を特定の 1 つの都道府県に限定しているベーカリー チェーンが数多くあります。 九州の福岡県と呼ばれる地元の有名なベーカリー チェーンを見つけることができます。 シロヤ。

不思議なことに、地元の人に白屋で何を買うのがおすすめか尋ねたら、彼らはおそらく次のように答えるでしょう。オムレツ」。 それは、私たちのレポーターである砂駒正貫が最近この地域を訪れたときに得た答えであり、彼は時間を無駄にせずに調べました.

最寄りの支店に向かうと、マサヌキは身を乗り出してショーウィンドウをのぞき込み、「オムレット」という言葉を探しました。 オムレツの看板を見つけるのにそれほど時間はかかりませんでしたが、奇妙なことに、看板の後ろにあるものはオムレツのようには見えませんでした.

▼「オムレット」

カウンターの後ろのスタッフに話しかけた後、マサヌキはこれらの「オムレツ」が実際にあったことを知りました. プチケーキ入り 特製ホイップクリーム. 白屋さんが1964年から作っているお菓子ですが、昨年の春、ファンがSNSで絶賛し始め、一躍有名になりました。 「和菓子のオムレツ」」。

通常のオムレツは、ふんわりふわふわのケーキポケットにホイップクリームを挟んだものですが、注目を集めているのは新作の 生クリームをあんこに置き換えた塩ミルクあんこオムレツ ペースト 代わりは.

オムレツはどれも信じられないほどの値段で、クリームのオムレツはたったの 各50円、以前は1ポップ40円でしたが、それ以前は35円でした。 店員さんによると、値段が安いのでまとめ買いが多く、一度に10個から12個注文する人も多いそうです。

塩ミルク餡は4個入り300円で1個75円と少し高めですが、食感や具材のレベルアップが見られます。

▼塩ミルクあんこオムレツ(左)とオムレツ(右)

まさぬきさんはまずプレーンオムレツを食べてみた。 ふんわり軽いオムレツは、オーブンから出たばかりかと思うほど新鮮で、 クリームは甘くて風通しがよく、舌の上ですぐに消えていきました.

新作のオムレツは、豆の風味が和のテイストを感じさせる、より大人っぽいスイーツでした。 ミルクはクリームの甘さのより微妙な代替品を提供し、塩は全体的な味に食欲をそそるコントラストを加えました.

▼絶対美味しい!

どちらのオムレツも少し冷やして提供されていましたが、こちらのオムレツはひんやりとした冷感効果があり、暑い季節にぴったりです。 どちらも美しくよくできていたので、マサヌキがお気に入りを選ぶのは難しかった.

卵は伝統的なオムレツのような味ではありませんでしたが、生地の各バッチに含まれているため、卵は依然としてショーの主役でした。 地元の最高級ブランドたまご「みほうらん」. 最高品質の牛乳もスターの材料であり、各ケーキに抗えないしっとりとしたコクを与えるのに役立ちます.

まさぬきさんはこのオムレツを2つだけ食べる予定だったのですが、最終的にはとても軽くて風通しがよく、一度に5つ食べてしまいました. またシロヤに寄ったら買う レギュラー10個と塩ミルク餡2個入りで、卵焼き18個で1,100円 — 美味しいケーキが一杯の超安い価格。

「和菓子のオムレツ」」 は評価に値するお菓子であり、マサヌキが再び 20 歳の若者だったら、間違いなく毎日これらを食べていただろう.

関連:しろや
写真 ©SoraNews24

● SoraNews24 の最新記事が公開されたらすぐに知りたいですか? Facebookでフォローしてください。 ツイッター!
[ Read in Japanese ]

塩ミルクあんこ…オムレツ? 日本のベーカリーがケーキ セクションにサプライズを追加
Source#塩ミルクあんこオムレツ #日本のベーカリーがケーキ #セクションにサプライズを追加

Leave a Comment