埼玉県警部補、部下の弁当を「ごみ」と呼び、ごみ弁当を食べて職を失う

グラスハウス…

10 代の頃、ファストフード店で働いていたのですが、1 日の終わりには売れ残りのハンバーガーが残っていることがよくありました。 店長に食べてもいいかと頼んだのを覚えていますが、店の方針で禁止されていると言ったのを覚えています。

とはいえ、やはり無駄遣いのように思えたので、埼玉県警総務部留置管理課の警部補の行動に少し共感できる。 しかし、私とは異なり、彼はわざわざ食べ残しを頼むことはなく、最終的に彼の仕事が犠牲になりました。

フリーランチなんてものはない

彼が勤務していた部署は受刑者向けの弁当を扱っていたが、一日に何人が収容されるか分からないため、追加の弁当が注文されることが多かった。 そんな食べ物を捨てるのはもったいないと考えていた50歳の中尉は、エキストラの一人を手伝った。 彼はそこで働いていた4年半の間、これを頻繁に行いました。

しかし、これらの弁当は留置管理課の所有物であり、無断で持ち出すことは窃盗に等しい。 それぞれが 300 円 (2.18 ドル) かかると言われていました。 罰として、彼の給料は 6 か月間 10% 減額されました。

昼食以外にも、職場で上司が部下をいじめるパワーハラスメントの疑いも複数あった。 ある例では、中尉は、妻が用意した昼食を食べていた下級将校に近づき、「その弁当はゴミのようだ」と言ったと言われています.

事件の報道、おそらく私が初めて見た、かわいい漫画の再現を使った報道

中尉自身がゴミ用の弁当を定期的に食べていたので、それは特に奇妙な侮辱でした。 状態は良好ですが、「生ゴミ弁当」と呼んでも問題ありません。 皮肉なことに、ニュースの読者は、中尉がパワハラについて人々が持っていた一般的な怒りの中で、実際に将校の弁当を褒めていたことを示唆するいくつかのコメントで、失われませんでした.

「中尉はゴミ弁当を食べていたので、実は相手の弁当を褒めていたのでは?」
「彼は昼食を横領していたのですか? ばかみたい。”
「奥さんのお弁当に嫉妬したんでしょうね」
「彼は友達を作ろうとしていたように思えます。」
「その男は他人のランチをからかっていて、自分のランチを手に入れることさえできません。」
「なんて残酷で可哀想な男だ。」
「彼がやっているこれらのことは技術的に犯罪ではないのですか? 請求先はどこですか?
「たぶん、それが彼の言い方です。『それはおいしそうです!』」
「あの人は私にはゴミのように見えます。」

窃盗とパワハラの二重犯罪を踏まえ、 中尉は、処罰が言い渡された直後の 8 月 25 日に自発的に引退した。. 埼玉県警も声明を発表し、「今回の事件により、県民の信頼を失墜させたことは遺憾である。 再発防止に努めてまいります。」

パワハラの問題は警察で特に顕著であり、時には悲劇的な結果をもたらすこともあるため、頻繁な報告が問題になるとすれば、そうであることを願っています。

出典:テレビ朝日ニュース、読売新聞、八馬機工
トップ画像:ぱくたそ
挿入画像: パクタソ
● SoraNews24 の最新記事が公開されたらすぐに知りたいですか? Facebookでフォローして、 ツイッター!

埼玉県警部補、部下の弁当を「ごみ」と呼び、ごみ弁当を食べて職を失う
Source#埼玉県警部補部下の弁当をごみと呼びごみ弁当を食べて職を失う

Leave a Comment