地下に秘密のDJブースがある日本のコンビニ

「レコードコンビニ」は街で一番クールなコンボ!

日本のトップ 3 のコンビニ チェーンであるローソン、ファミリー マート、セブン-イレブンは世界的に有名かもしれませんが、その影の下には他のコンビニ チェーンも同様に優れていて、 ストアアンドヤマザキ それはそれらの1つです。

日本主導 山崎製パン 世界最大の製パン会社、このチェーンは、サンドイッチと焼き菓子のラインで知られています。 しかし、東京・日本橋にある浜町のYショップでは、オーナーが音楽と古いレコードに夢中になっているため、店内には山崎のパンだけではありません.

このYショップの支店は、外から見ると他の支店と同じように見えますが、近づくとわかります フロントウィンドウに展示されているレコードのセレクション. というサインがあるので、これらは純粋に装飾的なものではないことがわかりました…

▼…「レコード買いました!! あなたのレコードを私たちに売ってください。 内部を調べます。

レポーターの中澤征爾はバンドでギターを弾くミュージシャンなので昔ながらのレコード店でこのような看板を見かけたことがあるのですが、これは ヤマザキのコンビニで初めて見た. 音楽との一風変わったつながりについてもっと知りたいと思ったセイジは、店内に入ると、店内は普通の家族経営のヤマザキの角の店に似ていることに気づきました。

ドリンク、軽食、サンドイッチ、パン…

…しかし、ウィンドウには他の店では見られないものがありました — ディスクトレイ.

窓際のレコードをめくっていると、セイジは日本と外国のバンドの選りすぐりのセレクションがあることに気づき、横には Tシャツなどのバンド関連グッズエレキギターも展示されています。

誠二はまるで コンビニではなく古いレコード店で、特に彼が特に気に入ったレコードをいくつか出したとき。 レジに連れていくと、カウンターの後ろに人懐っこいおばあさんとおじいさんのような人が二人いて、話しかけてみると、 記録は店長の息子が持っていた.

親切なご婦人がセイジに息子がもうすぐ来るかもしれないと言ったので、私たちの記者はコーヒーを買って新しい息子と一緒に外に座った. エアロスミスサル 珍しい店の裏で息子に会えることを願ってレコード。

彼が暖かい日差しの中で座っていると、セイジは絶え間なく客が行き交うのを見た。 通りかかったほとんどの人が軽食を持って立ち去る中、 それらのかなりの数は、窓際のログセクションを熟読するのにも時間を費やしました. 都会のど真ん中でこんなアットホームな雰囲気を味わえるのは珍しく、セイジさんがコーヒーを飲み終えたところに店長がやってきて、店のことを楽しく話してくれました。

すべての最初の会議のシナリオと同様に、Seiji は名刺を取り出し、会話を開始する前にマネージャーに渡しました。 マネージャーは彼に名刺を手渡し、セイジのミュージシャンは彼の格好良さに少し羨望の的を感じた.

▼山崎店のオーナー様の名刺ではありません。

▼彼の名は新藤康隆さん、店名は「レコードコンビニ」。

進藤さんは「店長」ではなく「店長」を名乗った。ショップオーガナイザー「、オーガナイザー付き」は、よく使われるかっこいいタイトルです プロジェクトおよびイベント主催者. タイトルについてもっと知りたいと思ったセイジは、本当にイベントを主催しているのかと尋ねたところ、次の答えを聞いて驚いた。

進藤様: 「そうです。普段は週に一度、店内でDJイベントを行っています。来週はコレド日本橋モールで行われる酒のイベントでDJに誘われたので、しばらくは別の場所でDJします」イベントがあります、私はそれを発表します ツイッター とインスタグラム」。

セイヒ: ああ、それであなたはDJですか?

進藤様: 「元々はバンドのギタリストで、当時はライブハウスで演奏していました。 [live music venues] 渋谷では、クロコダイルや渋谷柳浦などの場所。

せいじ:実は バンドのギタリストでもあります。 渋谷柳浦がなくなってしまったのは残念です。 あなたはしばらくビジネスに携わっていたに違いありません。

進藤様: 「そうですね!ギターのレッスンもしばらく受けていました。」

せいじ:えっ!? あなたは先生でしたか

進藤様: 「いやいや、先生を呼んで地下室で授業をしました。 教えるのではなく、教えられたかったのです!」

セイジ:あるということですね この山崎店の地下?

進藤様: 「見てみませんか?」

進藤さんが誠司に明かしたことはすべて驚きだったが、店に秘密の地下室があるとはまったく予想していなかった. 店の奥の方に案内された誠二は、胸の中で蝶々が舞うのを感じた。

▼そこのドリンククーラーの横に、トイレに通じそうな扉があったのですが、進藤さんが開けると…

▼…地下に通じる狭い階段がありました!

▼イングヴェイ・マルムスティーンの名前は?

階段を下りた先、冷蔵庫の横のドアの後ろには、まるで音楽愛好家の楽園のような秘密の地下室がありました。 それは素晴らしいセットアップでした: エレキギター、アンプ、DJ ブースなど、あらゆる種類の楽しいギアで満たされた個人スタジオ。

セイジは畏敬の念を抱いて空間を見回し、すべてを理解してから所有者との会話を続けました.

進藤様: 「そういえば、今日はDJクラスがあります。」

セイジ:本当ですか? うわー、あなたは本当にスペースを有効に活用しています。

進藤様: 「もともとは倉庫だったのですが、広かったので半分を音楽スタジオにしました」

Seiji: 使用されていたスタジオを思い出します。 中村一義 [a Japanese singer-songwriter]. しかし、もともと倉庫だった場合、店舗用の物はどこに置いていますか?

進藤様: 「今は奥の壁の向こう側のスペースを収納に使っています。」

セイジ:なるほど。 そうするとき 店内でイベ​​ントをするのですが、ここですか?

進藤様: 「そうですね、パンデミックの間、私たちはここでストリーミング イベントを行いました。 しかし、ほとんどの DJ イベントでは、通常、2 階の 1 階の奥に DJ ブースを設置して、店内に音楽が流れるようにしています。」

セイヒ: 自分 見る。 しかし、ヤマザキのコンビニでレコードを売ろうと思ったきっかけは何だったのか気になります。

進藤様: 「あの窓際のレコードラックはもともとダイニングスペースでした。 常連さんと話していて、お店の外でミニフリーマーケットをしたいという話がきっかけでした。 それで私たちは先に進み、いくつかの古いレコードを出しましたが、それらはかなり売れました。 その時に『レコードを売れる』と思ったので、店内で売ってみようと思い、今に至ります。」

Seiji:ここでレコードが買えるって感じ 古いレコード店のように。

進藤さん:「私はそれを聞いてうれしい。 中古品を販売できるように認定古物商​​になりました。」

Seiji: うわー、それは献身です ! でも山崎は? 彼らは本当にあなたがやりたいことをする自由をあなたに与えていますか?

進藤様:はい、そうです。 それは、山崎さんのオープンマインドと言えるでしょう。 当店はもともと約90年間酒屋を営んでおり、私が3代目ですが、今は酒屋だけでは存続が難しい状況です。 2012年、コンビニエンスストアへの業態変更を決意。

当時はローソンかファミリーマートで行こうと思っていたのですが、 でも山崎は私に自由を与えてくれた唯一の会社でした. 契約は、両当事者間の自発的な合意のようなものでした。 さすがに色々と話はあったけど、社長は納得してるみたいだね!」

では、舞台裏をご覧ください。 国内で最も珍しいコンビニエンス ストアの 1 つ. この件についてさらに調査を行った後、セイジはヤマザキのすべてのコンビニエンス ストアが運営者と所有者の間の任意契約の下で運営されていることを発見しました。

さらに、どうやら オーナーは、24 時間営業するかどうかを自由に選択できます。; 大型のコンビニエンス ストア チェーンで働いているときには見られないもう 1 つの特典です。店舗は、ビジネスが遅くても、1 日 24 時間スタッフを常駐させる必要があります。

過去に見てきたように、大手コンビニエンス ストアの厳格なルールは、一部の所有者を不満にさせ、会社に反抗するように導く可能性があります。 次回、日本のヤマザキ Y ストアを通りかかるときは、 店主の幸せを大切にする最小のチェーンを応援しに来てください.

日本の人々が山崎をこれほど高く評価しているのも不思議ではありません。 オーナーが自由にビジネスを運営して地元の人々を引き付けることができるようになったことで、ヤマザキのコンビニエンス ストアで何が見つかるかはわかりません。

店舗情報
かずさや売店
住所:東京都中央区日本橋浜町2-55-5
東京都中央区日本橋浜町2-55-5
午前 7 時から午後 11 時まで営業(月曜日から土曜日)
日曜・祝日休み

写真 ©SoraNews24
● SoraNews24 の最新記事が公開されたらすぐに知りたいですか? Facebookでフォローしてください。 ツイッター!
[ Read in Japanese ]

地下に秘密のDJブースがある日本のコンビニ

Source#地下に秘密のDJブースがある日本のコンビニ

Leave a Comment