和歌山県大泰寺にある日本のキャンプ寺院【写真】

日本の多くの寺院は共同部屋を提供していますが、これはさらに涼しいオプションがあります。

日本に旅行するとき、最もユニークな宿泊施設の1つは宿坊、または寺院の寝室です。 ホテルの快適な設備をすべて備えているわけではありませんが、宿坊は日本の地元の伝統文化を体験する思い出に残る方法を提供し、一般的にすべての信仰のゲストに開放されています。

大泰寺、の街の絵のように美しい川沿いの寺院 和歌山県東牟婷郡、宿坊がありますが、最近発見したように、宿坊もあります キャンプ場!

寺院でのキャンプは私たちが今まで試したことのないものですが、それを変えたいと思っています、私たちの日本語の記者 冨樫です 彼は11月末の午後に大泰寺に到着した。 キャンプは寺院の底からの小さな堤防、またはメインホールにあり、竹と木の森に囲まれています。

森に一番近い側はテントでキャンプをしている人向けで、反対側はサヤのようにキャンピングカーやキャンピングカーで夜を過ごす人向けです。

▼キャラバン/キャラバンの側面には電気接続があります。

チェックイン時にゴミを分別するためのバッグが渡され、チェックアウト時に寺院のスタッフに預けることができます。 もあります 水とトイレの設備、寺院を運営していた場所の保育園からの残り物。

これまでのところ、これはすべてキャンプ場のかなり標準的なものですが、クリアリングの一方の端にこの構造が表示されます…

…そしてあなたが中を見ると、それが 座禅堂、 また 禅瞑想室

禅瞑想は多くの瞑想の1つにすぎません キャンピングカー向けのアクティビティに加えて、日本のお寺の僧侶が朝食に伝統的に食べているお粥の作り方の学習、お寺の歴史的な仏像の説明ツアー、経典の転写。 一方、純粋なリラクゼーションをお探しの場合は、 リバーサイドサウナショップ

さやは初めての活動で、文字通り経経を試してみることにしました(料金は活動によって異なりますので、1,000円です) [US$8.70])。

あなたの手書きが最高でなくても、あるいはあなたがこれまで日本語で何も書いたことがなくても心配しないでください。 あなたは書くための半透明の紙を与えられます、そしてあなたはあなたが各キャラクターを形成するとき、あなたはそれに続くか、少なくともそれをガイドとして使うことができます。 セッションは約1時間続きますが、明らかな利点は次のとおりです。 心身の注意を集中させる活動をすることで、過去の後悔や将来の悩みに集中することができなくなります。

その時までに、日没が近づいていて、それからさやはゲストに提供される無料の活動の1つに参加することができました: テンプルベルを鳴らします!

鐘は地形の高い部分にあり、太陽が地平線に近づくと、 寺院の修道院長は、参加者を彼に導き、一日の終わりの合図を鳴らします。 (冬は午後5時、夏は午後6時)。

さやが丸太を揺らして鐘を鳴らすと、氷のような午後の空気に響き渡り、なんとなく頭をすっきりさせ、懐かしくてほろ苦い気持ちを呼び覚ました。

それから夕食の時間でした。 キャンプのゲストは、キャンプファイヤーでバーベキューや料理をすることができます。 しかし、さやはグリルを家に置いていたので、バキュームバッグのハンバーガーステーキと炊飯器で炊いたてのご飯を一人で食べました。 大泰寺では厨房用品を販売していませんので、あらかじめ作ったお食事や食材、おやつは何でも持っていきましょう。

野原の夜空に浮かぶ美しい星々をしばらく見つめた後、沙耶は寝て 彼は翌朝早く起きて禅瞑想をしました。

座禅は長時間同じ姿勢で座る必要があるので、厚手のマットとクッションに感謝しました。 しかし、自然災害時の避難所としても機能するため、禅初心者の快適さだけでなく、その夜帰宅できない人の寝具としても利用されています。

瞑想中、サヤはセッションが終了するまで気づかなかったものの、何か変わったことを経験しました。。 朝は明らかに寒い時期になりましたが、さやが起きたとき、最初に思いついたのは、下着を詰めてほしかったということでした。 しかし、彼が瞑想したとき、その寒さは完全に蒸発しましたが、気温が上昇したためではありませんでした。 セッションが終わると、彼はすぐに再び寒さに気づき、禅の効果に新たな感謝を示しました。

▼前述のように、寺院には宿坊の寝室もあり、その共通の部屋がここに見られます。

正午に出発したさやは、バッグを詰める前に、少し長くリラックスして自然の落ち着いた雰囲気を満喫する時間がありました。 彼の滞在を振り返って、彼はただに驚いた 場所全体がどれほどリラックスして、フレンドリーで、陽気に感じたか、彼は寺院の施設がより厳粛な雰囲気になるだろうという考えを持っていたことを認めています。

宿坊大泰寺キャンプ場は、テント・キャンピングカー用に4台、RV / RV用に5台の計9スペースで、ゆったりとした地元の雰囲気があり、1泊3,000円(26米ドル)と非常に手頃な価格です。 。 キャンプ場には英語のウェブサイトもあります。、さまざまな宗教や国籍の旅行者を喜んで受け入れていることを示しています。

位置情報
大泰寺/大泰寺
住所:下和田775那智勝浦町東牟婷郡和歌山県
和歌山県東牟婠区那智勝浦町下和田775
Webサイト
インスタグラム

写真©SoraNews24
●最新のSoraNews24の記事が公開されたらすぐに知りたいですか? Facebookでフォローして ツイッター
[ Read in Japanese ]

和歌山県大泰寺にある日本のキャンプ寺院【写真】

Source#和歌山県大泰寺にある日本のキャンプ寺院写真

Leave a Comment