台湾緊急事態のための日米予備作戦計画

日本政府の情報筋によると、自衛隊と米軍は、台湾で不測の事態が発生した場合に、南西島南西部に攻撃基地を設置することを可能にする共同作戦計画案を作成した。

日米両国首相が1月上旬に「ツープラスツー」の枠組みで会談し、運用計画の策定に着手する可能性が高い、と情報筋は木曜日に語った。

この開発は、台湾の自治島を、必要に応じて強制的に本土と再統合しなければならない反逆の州と見なしている中国からの反発を引き起こす可能性があります。

計画案では、米海兵隊が鹿児島県と沖縄県から台湾に向かって南西に伸びる琉球諸島に、緊急時の初期段階で一時的な攻撃基地を設置する。

米軍は、台湾での不測の事態が差し迫っていると思われる場合、島に軍隊を派遣するために自衛隊の支援を得るだろうと情報筋は述べた。

しかし、そのような展開は、島々を中国軍による攻撃の標的にし、住民の命を危険にさらすことになります。 計画を実行するために日本での法改正が必要になるだろう、と情報筋は言った。

自衛隊と米軍は、無人島を含む約200の島々からなる南星チェーンに沿って約40の候補地を持っています。 情報筋によると、ほとんどの場所に居住者がいます。

長年の安全保障同盟国として、日米は防衛協力を強化し、自衛隊と米軍の相互運用性を高めてきた。 彼らは、中国の軍事力増強と海上での断定的な動き、そして北朝鮮の核とミサイルの開発からの脅威に直面している。

誤った情報とあまりにも多くの情報の瞬間に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。台湾緊急事態のための日米予備作戦計画

Source#台湾緊急事態のための日米予備作戦計画

Leave a Comment