古典的な妖怪アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」がこの夏不気味な舞台劇に適応

ボイスアクティングの世界で非常に有名な名前を含む、主要なキャストメンバーとビジュアルもリリースされたばかりです。

妖怪、日本の民間伝承の多様な精神は、現代の日本のポップカルチャーに遍在しているようです。 しかし、それは主に愛する漫画のおかげです ゲゲゲの鬼太郎 その妖怪は人気のある意識の中で彼らの地位を固め、次のようなより最近のシリーズの基礎を築きました 犬夜叉洋会ウォッチ、 と 夏目友人帳

オリジナル ゲゲゲの鬼太郎 マンガは1960〜1969年に制作され、いくつかのアニメシリーズ(2020年に放送が終了した最新作)、映画、さらには実写映画にも採用されました。 今回は創作100周年を記念して舞台劇に採用されます 水木しげるの誕生(彼は2015年に93歳で亡くなりました)。 衣装を着たコアキャストのキービジュアルが5月18日にリリースされ、大いに盛り上がりました。

▼メインキャスト

キャラクターホルダー 喜多郎妖怪と人間の平和を守るゴースト族の最後のメンバー、荒牧慶彦が演じる。 吉彦は以前、次のような他のアニメ化された舞台劇に出演したことがあります テニスの王子様刀剣乱舞、 と バクマン。。 楽しいひねりで、 目玉おやじ (「パパ眼球」)眼球としてのみ存在する北郎の父は、 野沢雅子、1968年のオリジナルアニメシリーズで喜多郎を演じた。 孫悟飯、孫悟飯、孫悟天の彼女の最も有名な役割から彼女の声を認識するかもしれません ドラゴンボール

▼喜多郎役の荒牧慶彦

その間、 猫娘 (「猫の女の子」)、猫の悪魔に変身できる北郎の元気な友人は、声優で歌手の上坂すみれが演じています。

▼猫娘として上坂すみれ

コメディアンの藤井隆がシフティを演じる ねずみ男 (「ラットマン」)、キタロの親友であると主張するが、しばしば彼自身の最善の利益のために行動する。

▼ねずみ男役の藤井隆

拮抗薬は次の形で導入されます 天邪鬼凛 (「天の邪悪な悪魔凛」)、七海ひろきが描いた。 ヒロキは、全女性の宝塚歌劇団の元男性役俳優です。

▼天邪鬼凛役七海ひろき

最後に、キャストの締めくくりはベテラン女優浅野ゆう子 砂かけ婆 (「砂投げハッグ」)、コメディアン矢部太郎 コナキジジイ (「子供が泣く老人」)、そして舞台俳優の立花裕大として 村人タケル

▼砂かけ婆として浅野ゆう子

▼コナキジジイ役の矢部太郎

▼タケル役立花優太

これがメインキャストの短いプロモーションクリップです。

また、脚本・演出は田村高廟による。

the ゲゲゲの鬼太郎 舞台劇は、7月29日から8月15日まで東京の明治座劇場で、8月19日から28日まで大阪の梅田芸術劇場メインホールで上演されます。 妖怪の伝承への欲求を刺激するだけなら、今年の夏に六本木ヒルズで開催される水木しげる美術展もぜひ訪れてみてください。

出典:ゲゲゲの鬼太郎舞台劇ITmedia経由公式サイト
注目の画像:ゲゲゲの鬼太郎舞台劇公式サイト
●SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに聞きたいですか? Facebookでフォローして ツイッター

古典的な妖怪アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」がこの夏不気味な舞台劇に適応
Source#古典的な妖怪アニメゲゲゲの鬼太郎がこの夏不気味な舞台劇に適応

Leave a Comment