古代日本の保護チャームのぬいぐるみバージョンは、私たちの新しいお気に入りのカプセルおもちゃです

埴輪と土偶 ぬいぐるみの形で利用できるようになりました!

カプセルのおもちゃの奇妙で素晴らしい世界に制限はないようです。想像できることなら何でも、おそらくどこかにカプセルのおもちゃのバージョンがあります。

棚にぶつかって心をとらえる最新のカプセルおもちゃは、埴輪のぬいぐるみバージョンです。

埴輪、文字通り日本語で「粘土の輪」を意味する、の間に墓の上に置かれた粘土の置物です 古墳時代 (300-538 AD)。 埴輪の背後にある本当の意味を確信している人は誰もいません。富と地位の高さを示していると理論付けている人もいれば、故人の精神から生者を守るために作られたお守りであると推測している人もいます。

▼埴輪はファイナルファンタジーシリーズのサボテンの見た目を刺激したと言われています。

理由が何であれ、あなたは今あなたの 外観と 埴輪のぬいぐるみバージョン 日本企業によるこれらの新しいカプセル玩具のおかげで ターリン。 おもちゃの高さは約100cm(39インチ)で、収集する埴輪には4種類あり、ぬいぐるみバージョンは2種類あります。 土偶。

▼その中の1つです。

埴輪と同じように、土偶は粘土で作られた置物で、さらに昔にさかのぼります。 縄文時代 (紀元前12,500年から300年頃)。 繰り返しになりますが、土偶の正確な機能は謎のままですが、土偶はある種の肖像として機能したと推測されています 人の不幸をとらえる。 たとえば、病気が土偶に移され、土偶が破壊されて、病気を持ち帰り、ユーザーを癒すことができます。

▼これらのぬいぐるみ土偶はとてもかわいいですが、それを破壊することはあなたがしたい最後のことです!

ぬいぐるみ1個300円(2.30米ドル)で、どこへでも持ち運べるストラップが付いています。

出典:Japaaan経由のTarlin!
画像:ターリン
●SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに聞きたいですか? Facebookでフォローして ツイッター

古代日本の保護チャームのぬいぐるみバージョンは、私たちの新しいお気に入りのカプセルおもちゃです
Source#古代日本の保護チャームのぬいぐるみバージョンは私たちの新しいお気に入りのカプセルおもちゃです

Leave a Comment