千葉での奇妙なガードレール犯罪盗難犯罪に困惑した警察

千葉県では、過去3か月以内に200を超えるアイテムが盗まれ、犯罪が発生しています。 ただし、犯罪者は宝石、高級車、または高級電子機器を追いかけていません。 いいえ、彼らのターゲットは道端のガードレールです。

千葉市道路環境局によると、約2週間(1月25日〜2月10日)に、国道・県道のガードレール13本、曲がった「終点」42本が盗まれたという。レールセクションと呼ばれます。

▼黄色で囲まれたエンドターミナル

写真:パクタソ

千葉市の市道でも盗難が発生しています。 冬の初めから、我孫子、印西、柏、さくら、白井の町では、合計で13本のガードレールと133本のエンドターミナルが盗まれました。 合計すると、26本のレールと175本のエンドターミナルになり、総被害額は約150万円になります。

日本ではあらゆる種類の盗難が比較的まれであるため、Twitterのコメント投稿者は、盗品の量と種類の両方から始められ、次のように反応しています。

「ガードレールが盗まれる可能性があります…」

「それはどのようなナッツの仕事ですか?」

「誰かが本当に気味が悪い。」

「平均的な人が1つを削除する方法を知っているとは思いません。」

「それは、機会が訪れたときにたまたま持っていたようなツールでできるようなことではありません。」

ガードレールのサイズと重さは自分で持ち運ぶのを難しくするので、警察は犯人以上のものが個人ではなく、おそらく犯罪者のチームであると疑っています。 動機についての憶測は出ていないが、かさばる品物をたくさん持っていくのに苦労している泥棒は、何らかの価値があるはずだと示唆しており、金属くずとして転売する計画が最も可能性が高い。

犯罪は奇妙かもしれませんが、それでも犯罪であり、公共の安全の問題でもあります。ガードレールは、ケアが端から滑り落ちる可能性が高いとはいえ、場所に設置される傾向があるためです。道路の。 それに応じて、警察はパトロールを増やすことを計画しており、エンドピースをレールの残りの部分に固定しているボルトを外しにくくするために、ターミナルエンドの伝導を改善するという話もあります。

出典:Jin、Twitter経由のLivedoorNews経由のSankeiNews

SoraNews24の記事をもっと読む。

-目の前でスポーツカーを盗まれた日本人男性のハッピーエンド

-日本の忍者博物館は真夜中に泥棒に奪われました

-これまでで最も日本の盗難? 大阪の桜にチェーンソーを持って行く

  • 外部リンク

  • https://soranews24.com/2022/02/22/police-baffled-by-bizarre-guard-rail-crime-theft-crime-spree-in-japan/

©SoraNews24

千葉での奇妙なガードレール犯罪盗難犯罪に困惑した警察
Source#千葉での奇妙なガードレール犯罪盗難犯罪に困惑した警察

Leave a Comment