千光寺:天国と地獄のテーマパークに最も似ている日本のお寺

このお寺の大僧侶は、この体験には単なる娯楽以上のものがあると言います。

大阪市の平野区は、何世紀も前に建てられた古い家屋があり、市内で最も人口の多い地区として知られていますが、ご存知ですか? 天国と地獄の故郷でもあります

2つの異世界の王国が衝突します 千光寺、それは都市が今日のように成長したフィールドの発祥の地であると言われています。

神聖な礼拝所というよりはテーマパークに例えられる珍しいお寺の話を長い間聞いていたので、大阪に行って僧侶と話をし、その内容を調べました。

本社に向かったところ、「天国」と「地獄」の入場料はたったの100円(0.88米ドル)でした。 料金を支払うと、上の写真にあるように、入場時にスキャンするためのQRコードが記載されたチケットが渡されました。

▼ビジターエントリーには「地獄に行く楽園にたどり着く前にまず地獄を通り抜けることをお勧めしますので、それらに書かれています。

地獄の門の外では、訪問者はこのボタン画面を使用して、自分の人生が天国に向かっているのか地獄に向かっているのかを明らかにする日常の活動に関する質問に答えることができます。

地獄の門を開く準備ができたら、リーダーの上にあるQRコードをスキャンして、入り口の前に立ちます。

で不安になります 来ていた地獄のような恐怖、そしてドアが開かれたとき、私たちはこの恐ろしい顔に迎えられました。

▼向こうからの裁判官、山。

私たちは薄暗い室内に入り、2、3人しか収容できない小さな閉所恐怖症の空間にいることに気づきました。 山の目が私たちの魂に固定された状態で、私たちは目を下げて、献金箱とその横に次のような看板が付いたゴングを見ました。

▼「ゴングを叩くと地獄が現れる」

本当に地獄が現れたくなかったのですが、ここに来たので、地獄が終わるのが早ければ早いほど、天国にたどり着くのが早いと思いました。 それから私たちはゴングを演奏しました、そして見よ、角のある悪魔が現れ、ビデオが数え始めました の物語 何が地獄をとても怖くし、拷問された魂のオーディオを完備しています。

巨大な赤い悪魔の隣には 奪衣婆、仏教の冥界の三途川のほとりに座り、川を渡ろうとする魂を苦しめていると言われる老婆。 奪衣婆は、大人の魂が服を脱ぐ原因とされており、服がない場合は肌を脱ぎます。

▼その背景がこのシーンを特に恐ろしいものにしています。

地獄の王様を通り抜けると、もう一度人間の世界に戻ります。

外では、この岩に頭を突き刺して体験を広げることができます。 「地獄の大釜」の音

写真のこの場所から少し明るく見え始めます。影付きの画像に示すように、左に座って手を上げることができるので、長い赤い紐の反対側を持っているように見えます。または本質的に「愛の結び目」 成仏した存在である仏像にあなたを結びつける

直感に反しているように見えるかもしれませんが、楽園に入る、または「仏陀の家ここで呼ばれているように、それは隠れることを意味します。

ここでは、ステンドグラスの曼荼羅とガラスでできた涅槃仏がLEDライトで照らされている静かな空間で瞑想することができます。

▼静かな瞑想の後、小さな神社へと続くルート…

▼…そして「一本フドソン「」

▼彫像のふもとの霧の効果は、シーンに空気のような要素を追加する「雲海」を作成します。

地獄と楽園を抜けた後、住職の川口義仁と話すことができました。

なぜ寺院がこのテーマパークのような体験を生み出したのかと彼に尋ねたところ、彼は次のように答えました。

「囲いの中のすべての施設は仏教の教えを「体験」するためのものです。 それは娯楽として始まったのではありません。」

「例えば、 『地獄』は、江戸時代からここにあった山に捧げられた寺院のホールを現代的に改装したものです。 もともと仏教は国や時代によって絵や言葉などさまざまな表現で広がっていたので、見た動画のような視聴覚機器を使うのもそれほど不思議ではありません。 時間の経過とともにかなり自然な進歩だと思います。」

彼は続けて次のように付け加えました。

「現代では、多くの人が自分の外でストレス解消を求めていますが、仏教では平和は心から生まれます。 都市部では、最も静かな場所は通常地下にあるので、瞑想のための「仏の家」は地下にあります。

「多くの人は、死後、仏とのつながりを築くことができると考えていますが、実際には、生きている間につながりを築くことが重要です。 「赤い糸の愛の結び目」の写真のステッチは、そのつながりを目に見えるようにするのに役立ちます。また、Instagramで写真を共有することもできます。」

「人々がそれらを経験するとき、物事は人々により多くとどまります。 観光だけではありません。 座禅や説教を余儀なくされる苦痛な場所としてではなく、遊んでいるかのように楽しみながら仏教の教えを体験してもらいたい」と語った。

私たちが敷地を離れたとき、神殿の大祭司の賢明な言葉が私たちのそばにとどまりました。

寺院には西の扉と北の扉があり、西の扉に入った後、北の扉から出てすぐに行くことができます。 the 平野本町ショッピングアーケード。 この商店街は、何世紀も前に寺院の周りに集まっていた屋台から成長したため、これはこの地域での寺院の長い歴史を思い出させるものでした。

私たちの天国と地獄への訪問は、ユニークなお土産、写経教室、そして訪問者が楽しむためのスマートフォンゲームさえあるので、千光寺が提供しなければならないもののほんの一部にすぎませんでした。 壁に官能的なイケメンアートが飾られている新潟県のこのお寺を訪ねるなど、帰国後も長く続く体験は間違いなくユニークな場所です。

寺院情報
千光寺/泉興寺
住所:平野本町平野区大阪市大阪府4-12-21
大阪市平野区平野本町4-12-21
営業時間:午前8時30分から午後5時30分(受付は午後5時に終了)
Webサイト

写真©SoraNews24
●SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに知りたいですか? Facebookでフォローして ツイッター
[ Read in Japanese ]

千光寺:天国と地獄のテーマパークに最も似ている日本のお寺

Source#千光寺天国と地獄のテーマパークに最も似ている日本のお寺

Leave a Comment