北海道警察署は、老人がビニール袋に爆弾を持ち込んだ後、避難した。

ビニール袋に驚いた人が増えました。

世界の多くの地域と同様に、過去の戦争の影は戦闘が停止した後も長く残っています。 第二次世界大戦の終結から70年以上経った今でも、建設現場からクローゼットまで、あらゆる場所に爆弾が出現し続けており、現在も当時と同じように生命を脅かしています。

そして、11月18日の夕方、 70代の男性が、ビニール袋に爆弾を入れて北海道旭川市の旭川中央警察署に入った。、建物とその周辺を避難させることは合理的でした。

陸上自衛隊が発射体の検査と回収を求められている間、安全を確保するためにこの地域から約1,500人が解放されました。 彼の研究は 長さ11インチ、幅3インチの発射体は、おそらくかつては帝国軍のものでしたが、火薬が含まれていなかったため、危険ではありませんでした。

▼砲弾は75mm砲で、戦車砲や対戦車砲で一般的に使用されていました。

その間、 多くの読者 オンラインニュースの多くは、特に政府がスーパーマーケットや他の店のビニール袋に3〜5円(0.03〜0.04米ドル)の強制料金を課したため、それを運ぶためのビニール袋の選択に驚いていました。

「少なくとも機内持ち込み手荷物を使用してください。 それらのものは非常に簡単に壊れる可能性があります。」
「弾薬の輸送がビニール袋でできる多くのことの1つであることを私は知りませんでした。」
「それはタフな老人です。」
「少なくとも、警察ではなく軍に直接持って行ってください。」
「空き地に置いて、報告してください。」
「あなたは環境を殺しているのです! エコバッグを使用してください! 「」
「買い物袋は本当に素晴らしかったですよね? 私はそれらのものが恋しいです。」
「それは剣と銃器の法律の違反でなければなりません。」

警察によると、男性は40年以上前に親戚の家を取り壊し、それ以来自分の屋根裏部屋に保管していたときに発射体を発見しました。 彼は何年も起きていたので、死ぬ前に安全に取り扱われることを確認したかったので、警察に引き渡すことにしました。 したがって、少なくとも彼女の心は正しい場所にありましたが、電話から始める方が賢明だったでしょう。

犯罪の意図がなかったことを考えると、男性が厳しく罰せられないことが望まれるが、不発弾の再発問題にどう対処するかについて、もっと意識を高める必要があるかもしれないことを示している。 実際には、 翌日、北海道小樽市の約200キロ(124マイル)離れた建設現場で、さらに10個の砲弾が発見されました。、そしてそれは保険をかける必要がありました。

いずれの場合も、起爆装置は経年劣化することが多いため、ビニール袋に入れるのはもちろんのこと、ほんの少し押すだけでも非常に不安定になり爆発する可能性がありますので、十分注意してください。

出典:産経ニュース、板井ニュース、北海道ニュース
上の画像:パクタソ
●最新のSoraNews24の記事が公開されたらすぐに知りたいですか? Facebookでフォローして ツイッター

北海道警察署は、老人がビニール袋に爆弾を持ち込んだ後、避難した。

Source#北海道警察署は老人がビニール袋に爆弾を持ち込んだ後避難した

Leave a Comment