北海道男が141人のスーパーボールを大胆に昼間強盗で逮捕

容疑者は、ボールを持って行ったが、盗んだとは主張していません。

北海道苫小牧市は、美しい自然と繁栄する産業が調和した平和な街です。 しかし、12月21日の朝、市内のショッピングセンターで一人襲撃が行われたとき、その平和は揺らいだ。

午前10時30分頃 M.、身に着けている男 目出し帽 彼はおもちゃのカプセルマシンが置かれているモールの2階のセクションに歩いて行きました。 その後、彼はに進みました 高さ1メートル(3フィート)で、141個のスーパーボールと1,800円(16米ドル)のコインが入ったマシンの1つを手に取ってください。

カプセル玩具や他の同様の自動販売機は、モール全体にあります。

男は、商店街とJR苫小牧駅を結ぶ廊下に向かって、機械を背負って歩き始めた。 しかし、彼はある時点で立ち止まり、機械を置きました。 その瞬間、従業員がその男を見て声をかけた。 容疑者は「私は盗んでいない」と答えた後、機械を置き去りにして駅に向かって走り始めた。

従業員は警察に通知し、パトロール警官は容疑者の説明に一致する男性を見ました。 尋問を受けた後、26歳の少年は拘留されましたが、その後の尋問で、彼は次のように告発の一部を否定しました。 「私はその機械を持って行ったが、それを盗むつもりはなかった。」

特に容疑者が当時バラクラバを着用していたという事実を踏まえると、その言い訳を裏付けるにはおそらく優れた弁護士が必要になるでしょう。 一方、ニュースの読者の中には、カプセル玩具のほとんどが収集可能なフィギュアを含み、それよりも高い価格で販売されているため、彼がグループの中で最も価値の低いマシンであったに違いないという奇妙な事実を指摘しました。スーパーボール。

「アニメフィギュア付きの機械を持っていれば理解できたけど、スーパーボール?」
「興味深いことに、彼はおそらくそれを冗談として動かしていたと言うでしょう、そして彼の容疑はビジネスの妨害に帰着します。」
「誰かがスキーマスクを着用するたびに、彼らは何かを盗もうとします。」
「その言い訳は古いですが、良いです。」
「それが原因でダウンした場合、それは泥棒のためのオープンシーズンになります。」
「彼が終わったとき、彼はそれをすべて返すと確信しています。」

マシンを盗む代わりに容疑者が何をしていたのかを想像するのは楽しい思考実験です。

私が想像できる最も良いことは、特に苫小牧が摂氏0度(華氏32度)を下回る可能性がある寒い気候では、駅からスーパーボールマシンまでの散歩は多くの人にとって難しすぎたでしょう。 小さい子どもたち。 その後、容疑者は目出し帽を着用して寒さに対処し、入り口に近づけて、子供たちがボールにアクセスできるようにし、スーパーボール会社の売り上げを伸ばすという追加のメリットをもたらしました。

それか彼はただ現金が欲しかったのです。 決定するのは裁判所次第だと思います。

出典:HBC、オタコム
上の画像:パクタソ
●SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに知りたいですか? Facebookでフォローして ツイッター

北海道男が141人のスーパーボールを大胆に昼間強盗で逮捕

Source#北海道男が141人のスーパーボールを大胆に昼間強盗で逮捕

Leave a Comment