北海道の自動販売機ランドでうっかり蚕飴を買ってしまいました

虫を食べる嫌いを乗り越えようと… 虫を食べる。

言う 「日本の自動販売機」 日本国外に住んでいる人には不謹慎な反応が返ってくるかもしれませんが、実は日本の自動販売機は飲み物しか売らない傾向があります。 近年、食品を販売する自動販売機の人気が高まっていますが、都会の神話では信じられないかもしれませんが、日本で何かを販売する自動販売機を見つけるのは難しいでしょう。 本当に 奇妙で奇抜です。

それは日本が 完全に ただし、独自の製品を備えた自動販売機はありません。統計的に言えば、1つの場所に自動販売機が多ければ多いほど、そのうちの1つに注目すべきものが含まれている可能性が高くなります。 北海道を拠点とする記者が atol 完全に専用の新しい店を聞いた 珍しい内容の自動販売機 近くに開いていたので、彼らは彼女が急いでそこに向かわなければならないことを知っていました。

‘と呼ばれる店ジハンキランド‘ (また ‘自動販売機用地‘)札幌市白石区にあります。 Atolが店に近づくと、すぐにラーメンを販売している自動販売機に出くわしましたが、古いラーメンだけではありませんでした。 博多ラーメンやラーメン二郎のようなラーメン界のヘビー級。

彼らはまた売った 牛タン、80グラム(2.82オンス)2個で2,500円(19.36米ドル)だったので、かなり高品質だったに違いありません。 しかし、牛タンが確かに美味しかったのと同じくらい、それはアトールがここにいた理由ではありません。 彼らは「自動販売機の土地」と呼ばれる場所でしか発見できない奇妙で奇抜なものを見つけるためにここにいたので、他の機械を見回しました。

店内を一目見ただけで、刺身、ラーメン、フロマージュの自動販売機が見えましたが、右を一目見ただけで、アトールは自分たちが求めているものを見つけることができました。

売れた機械 食用昆虫!

Atolは昆虫食(昆虫を食べるために使用される派手な用語)に非常に熱心な人ではありませんが、そのキャッチーなタグラインですぐに目を引いた製品が1つありました—

▼「から来たように見える黒いサソリを食べる時が来ました ドラゴンクエスト!」

そのようなタグラインで、アトールは一瞬、虫を食べることへの憎しみを克服し、すぐに財布に手を伸ばし、現金を払い出し、ブラックスコーピオンと戦う準備をしました。 残念ながら、別のヒーローのグループが彼らの前で戦いを繰り広げたようでした。 完売しました。 うまくいけば、彼らはいくつかのまともな戦利品を落としました。

Atolは、売り切れた黒いサソリは、彼らが昆虫食ゲームにあまりにも急いで参加したことの兆候であり、代わりに、それほど挑戦的ではない何かで自分自身を和らげるべきであると判断しました。 彼らはさまざまなフレーバーのキャンディードロップの缶をいくつか見つけました— コオロギ、バッタ、カイコ。

缶1個あたり600円(4.64米ドル)で、アトールは昆虫の専門家にはほど遠いものの、バッタとコオロギは同じような味だと思っていました。 Atolはまた、バッタはおそらくカイコの味よりも味が良いと考えていたので、バッタのドロップを選びました。

600円入れて「5」のボタンを押しました。

滴の缶がわずかな音で落ち、Atolは自動販売機のスロットに到達し、バッタの滴を回収する準備ができました。

…出てきたものが展示されていたものと少し異なって見えたことを除いて。

…そして彼らはどういうわけか 代わりにカイコドロップの缶を購入してください!

それは彼女が最も望んでいなかった選択でした、しかし今アトールは手にカイコの滴の缶を残されました。 彼らは彼らを食べることを考えて月を越えていませんでしたが、カイコはタンパク質の優れた供給源であり、さらにカロリーが高く、不飽和脂肪酸が豊富であると聞いていました。 いずれにせよ、やるべきことは何も残っていませんでしたが、試してみてください。

一見すると、カイコのしずくは、白い物質で覆われた通常のキャンディーのしずくのように見えました。 Atolの仲間の記者が虫を食べようとしたときとは異なり、これらの滴にカイコが含まれているという事実は非常によく隠されていました。

しかし、Atolが缶をチェックしたとき、 ‘カイコ粉成分のひとつに「粉砂糖のように見える白い物質がいきなり見えた…」と記載されていました。 不思議なことに食欲をそそる。

Atolがカイコのドロップをポップすると、すぐにカニやエビのようなシーフードのような風味が出ました。 しかし、それは非常に粉っぽいものでした。 最初のシーフードのような味の後、Atolの味蕾は わずかな甘さ、続いて マイルドな酸っぱい後味。 アトールの舌は少しコースを感じ、粉からざらざらしたままでしたが、それ以外は非常に大人のような高品質のキャンディーのように感じました。 それは確かに ユニークなキャンディー、 とにかく。

そしてそれで、アトールはすべてのSoraNews24レポーターに必要な通過儀礼を完了し、最終的にいくつかの昆虫を食べました。 昆虫食がますます普及していることを考えると、将来的には昆虫を食べることはコンビニエンスストアのスナックと同じくらい当たり前のことと考えられる時期があるかもしれません。

写真©SoraNews24
●SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに聞きたいですか? Facebookでフォローして ツイッター
[ Read in Japanese ]

北海道の自動販売機ランドでうっかり蚕飴を買ってしまいました
Source#北海道の自動販売機ランドでうっかり蚕飴を買ってしまいました

Leave a Comment