動物とデザインの桜の動物園が福岡のTeamLabフォレストミュージアムにやってくる

素晴らしいインタラクティブなデジタルアートの展示で春の精神を手に入れましょう!

聞いたことがあるかもしれません チームラボ、日本中の素晴らしいインタラクティブデジタル美術館の背後にあるアート集団。 彼らのインスタレーションと美術館は非常に人気があり、東京の美術館ボーダレスは現在、ギネス記録を保持しており、1人のグループ/人によるアートをフィーチャーした世界で最も訪問された美術館です。 それがどれほどInstagrammableであるかを考えると、それは驚くことではありません!

チームラボの展示も季節によって変わりますので、桜がお好きな方はぜひ足を運んでみてください。 福岡のTeamLabフォレストミュージアム 西南日本で。 3月1日から春のワンダーランドになります、桜から作られた散歩動物、ピンクの蝶の群れ、そして羽ばたく桜の花びらのクラスターでいっぱいです。

チームラボフォレストは インタラクティブな遊びと発見の博物館 2つのコンセプトで:森のキャッチアンドコレクトとムーブメントフォレスト。 スマートフォンを使って 動物を発見して学ぶ、トラバースします 複雑な3次元の風景 博物館全体で、美しくカラフルでインタラクティブな世界を探索します。

変化する谷、花の生き物、共生生活–年間一年たとえば、「」の展示では、一年中季節の花が空間を漂い、動物の形になります。 動物たちは、丘や谷の起伏のある風景の中でほとんど生きているように見えます。 彼らは本物の生き物のようにお互いを捕食し、彼ら自身の生態系で生き残っているようです。 春を記念して、さまざまなピンクの色合いの桜の花で動物を作ります。

動物 花の共生II–年間一年」は花の似たような風景で、まもなく桜に飾られます。 この部屋では、花は絶えず変化し、絶えず咲き、そして死んでいきます。 それらが組み合わさって形を形成し、それらの形から動物が生まれます。 動物に触れると、花が散らばります。 それらに十分長く触れると、それらは消えます。 このインタラクティブなデジタルアートの展示は、桜そのもののように、美しく、一時的なものです。

チームラボフォレストのムーブメントフォレストの側面を「柔らかい地形と粒状の地形–年間1年” 部屋この柔らかく弾力のある風景は、徐々に立ち上がる丘であり、さまざまな色の花が川のように丘を流れ、滝のように壁を流れます。 花は人のいるところに集まるのが好きですが、急に離れると散らばってしまいます。 春の場合、このセクションは「春の日」に変わります。

蝶の羽ばたき、儚い人生–一年一年誰もいないときは部屋は真っ暗ですが、人が中に入ると、足元に蝶の雲が現れ、空間全体に羽ばたきます。 床であれ壁であれ、人間が空間に触れるとどこにでもスポーンしますが、自分自身に触れると死んでしまいます。 蝶の色は季節によって変わるので、もちろん春はピンクになります。

チームラボの展示は季節ごとに変わるだけでなく、コンピュータープログラムを通じてリアルタイムで作成されるため、 あなたが見るものは常に変化しています。 デザインをどのように操作するかは、デザインの表示方法にも影響するため、訪問するたびにユニークになります。

チームラボフォレストでの春の展示は、シーズン中続くと予想されます、桜が好きな方はお見逃しなく。 チームラボのディスプレイがお好きなら、美術館だけでなく、ホテル、サウナ、さらにはラーメン店にもあることを知りたいと思うかもしれません。

博物館情報
チームラボフォレスト福岡– SBIセキュリティーズ/チームラボフォレスト福岡– SBI
福岡県福岡市中央区地行浜2-2-6BOSS E・ZOFUKUOKA5階
福岡県福岡市中央区地行浜2-2-6BOSS E・ZO FUKUOKA 5階
営業時間:月〜金は午前11時から午後8時、週末と祝日は午前10時から午後8時
Webサイト

出典、画像:PR Times
●SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに聞きたいですか? Facebookでフォローして ツイッター

動物とデザインの桜の動物園が福岡のTeamLabフォレストミュージアムにやってくる
Source#動物とデザインの桜の動物園が福岡のTeamLabフォレストミュージアムにやってくる

Leave a Comment