剣士になりたいですか? 日本で見習いが始まりますが、細かい文字はあなたに衝撃を与えるかもしれません

刀作りの見習いは物議を醸す条件についての議論を引き起こします。

日本では、伝統工芸を専門とする人の数がここ数年で劇的に減少し、 国の長い歴史のある文化的伝統を維持することの将来についての本当の懸念。

それで、日本のある剣士が最近ツイッターで彼らが探していると発表したとき 何世代にもわたる知識を勤勉な見習いに伝えます、彼らは一般の人々から多くの反応を得るとは思っていませんでした。

でも、 見習いの呼びかけはすぐにオンラインで騒ぎを引き起こしました、興味のある応募者が見習いの詳細について知ったように。 ツイートが口コミで広まるのにそれほど時間はかかりませんでしたが、必ずしも応募したいという人のせいではありませんでした。代わりに、多くの人が要件を批判したためです。 午前8時30分から午後6時30分まで、週5日、場合によっては週末に、少なくとも5年間は無給で働いています。

ツイートを送った刀工は、オンラインでいくつかのフレークを受け取ることになったが、彼が正しく指摘したように、彼の刀工の見習いの要件は、日本の他のどの刀工ともそれほど変わらない。 のホームページへのリンクを送信しました 全日本刀工協会、厳格な要件の概要を説明しました 日本で訓練を受け認定された剣士になること。

剣士になることについてのサイトの最初の文は次のとおりです。

「刀鍛冶になるためには、資格のある刀鍛冶の下で5年以上の修行を積み、文化庁が主催する「日本美術刀職人技の保存工房」を修了する必要があります。」

協会はさらに、ワークショップに参加するために、 これは実際には8日間の国家認証テストです。 ある刀鍛冶は文化庁から資格を取得しているに違いありません。5年間の研修は、週末だけの5年間の研修ではなく、1日8時間、週5日です。

▼日本刀を持っているのはかっこいいかもしれませんが、作るには何年もの献身と犠牲が必要です。

当然のことながら、これらの厳格な要件は、家から離れて住んでいて、支払うべき請求書を持っているすでに労働力にいる人々にとって問題を引き起こします。そのため、協会は若い年齢で見習いを始めることを推奨しています。 それは取ることができる長い道のりです 独立した剣士として始めてから約10年、訓練後も成功は確実ではありませんですから、協会は、あなたが30歳以上の場合は、それについてよく考えるべきだと言っています。

協会はまた、昔のように見習いのための住み込みシステムがないので、家賃や食べ物を含むあなた自身の生活費を支払わなければならないのが一般的であると言います。 また、見習いを無給の仕事と考える人もいますが、協会は見習いを「就職するのではなく、専門学校に通って技術を学ぶ」ことを提案しています。 この観点から、 見習いは実際に無料の授業料を受け取ります

協会によると、剣士になるための最も重要で困難なステップは次のとおりです。 下で訓練する資格のある剣士を見つける、通常は紹介が必要であり、多くの人が時間と責任のために見習いを受け入れることを躊躇しているためです。 また、日本語が母国語でない場合は、指示や認定テストが一般的に日本語でのみ利用できるため、さらに難しいと感じるかもしれません。

言うまでもなく、日本で刀鍛冶の資格を取得するまでには、いくつかの困難なハードルをクリアする必要がありますが、刀のマスターメーカーと一緒に過ごしたときに発見したように、 日本の精神の強さと美しさを象徴する古代の工芸品について学ぶことはたくさんあります。

しかし、多くの伝統工芸品と同様に、これらのハードルは現代では巨大な障害物のようになりつつあり、登録された刀鍛冶の数は着実に減少しているため、将来にわたって生き続けるために、工芸品にいくつかの新しい考えを与える必要があるかもしれません世代。

出典:全日本刀工協会八馬紀光
注目の画像:パクタソ
画像を挿入:パクタソ

●SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに聞きたいですか? Facebookでフォローして ツイッター

剣士になりたいですか? 日本で見習いが始まりますが、細かい文字はあなたに衝撃を与えるかもしれません
Source#剣士になりたいですか #日本で見習いが始まりますが細かい文字はあなたに衝撃を与えるかもしれません

Leave a Comment