公明党の党首がさらに任期を務めるという憶測が高まる

公明党は党首を更新することが期待されていたが、公明党の党首としての第7期が9月に終了する予定の山口夏生氏が次の任期を務める可能性があるという憶測が高まっている.

7月10日の参議院選挙での公明党の不振が、党の勢力基盤である創価学会のメンバーに危機感を与えていることから、70歳の山口氏が党首に留まることを求める声が強まっているようだ。その党は来春の統一地方選挙に向けて準備を進めている.

誤った情報と多すぎる情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。公明党の党首がさらに任期を務めるという憶測が高まる
Source#公明党の党首がさらに任期を務めるという憶測が高まる

Leave a Comment