入学試験前に東京大学の近くで3人が刺された

全国の試験と警察の運営者によると、日本の統一大学の入学試験を受けている高校生2人と別の人が東京大学で土曜日にナイフで攻撃され、17歳の少年が逮捕された。

東京の72歳の男性は、彼と他の2人の犠牲者、18歳の男性と女子学生が午前8時30分ごろ、キャンパスのメインゲートの外で背中を刺された後、重傷を負った。大学。 首都の文京区にあります。

千葉県出身の高校生2人は、生命にかかわる怪我はなかったと警察は述べ、容疑者は彼らを知らなかったと付け加えた。

名古屋在住の私立高校生容疑者は受験していなかった。 彼は殺人未遂の容疑で現場で逮捕された。 彼はその容疑を認めた。

警察は、「勉強がうまくいかなかったので、事件を起こして死にたいと思った」と述べた。

容疑者はまた、家からナイフを持ってきたと言った。 現場で血まみれのナイフが見つかった。

土曜日の朝、東京大学の外に日本の統一大学の入学試験を受ける人々が並んでいます。 | 共同通信

この事件は、2日間の統一大学入試が全国で始まったときに発生しました。 事件にもかかわらず、600以上の試験会場の1つである東京大学は予定通り試験の初日を開催しました。

警察によると、72歳の男性は近くのポリスボックスに駆け込んだ後、警察に攻撃を警告した。

警察はまた、事件の前に彼がキャンパスの近くの駅で火事を始めたと言ったと容疑者を引用しました。

東京消防庁によると、東京メトロ南北線東大前駅構内で午前8時半ごろに火災が発生し、約1時間後に消火した。

この事件は、警察と消防車が動員された現場で何人かの受験者を混乱させたようでした。 刺し傷は、国内で最も有名な学校の1つである大学のメインキャンパスの弥生セクションの門の外で発生しました。

18歳の審査官は、ツイッターを通じて事件について知ったと述べた。 「それは大きな事件になり、怖いです。 テストで最善を尽くし、影響を受けないようにしたい」と彼は付け加えた。

警察官は、土曜日の朝、東京大学の門の近くで刺されたシーンを調査します。  | ロイター
警察官は、土曜日の朝、東京大学の門の近くで刺されたシーンを調査します。 | ロイター

別の受験生である東京出身の18歳の高校生は、人々がすでにコロナウイルスに神経質になっているときに、この事件について不安を表明しました。

息子を試験場に連れて行った50代の女性は、事件が息子に影響を与えないことを望んでいると述べた。 「彼は(このために)一生懸命勉強したので、私は彼が良い環境でテストを受けられるようにしたかった」と彼は言った。

土曜日の事件を踏まえて、大学入試センターは、セキュリティ対策を強化するために試験を組織している国、公立、私立大学に促した。

全国でCOVID-19の流行の波の中で実施された試験は、合計530,367人の申請者を引き付け、677の場所で開催されています。

標準化された大学入試は、毎年2つの段階で開催されます。最初の段階はすべての大学で標準化され、2番目の段階では大学固有の試験が行われます。

日本では暴力犯罪は非常にまれですが、最近、被害者に知られていない加害者によるナイフ攻撃が数多く発生しています。

10月、バットマンの悪役ジョーカーに扮した男が東京の電車で十数人を刺し、乗客は通路を叫び、窓から降りて逃げ出した。 数ヶ月前、東京の通勤電車へのナイフ攻撃で男性が数人を負傷させた。

誤った情報と多すぎる情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、ストーリーをよく理解するのに役立ちます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。入学試験前に東京大学の近くで3人が刺された

Source#入学試験前に東京大学の近くで3人が刺された

Leave a Comment