佐藤さんは初めての乾板撮影で歴史上の人物になります

プロセスは少し厳しいものでしたが、 結果はそれだけの価値がありました

いつでも手元にあるスマートフォンを使えば、誰でもいつでも写真を撮ることができますが、これまではそれほど簡単ではありませんでした。 写真技術の最も初期の形態の1つはとして知られていました 湿板コロジオン写真、フィルムではなく、ガラスまたは金属のプレート上の感光性溶液で画像をキャプチャしました。 化学の知識と暗い部屋への即時アクセスが必要なのは困難で時間のかかるプロセスでした。そうしないと、写真が適切に現像されませんでした。 結果は 19世紀の人物によく見られる銀色の肖像画

今日でも乾板写真が使われていることをご存知ですか? 実は今、東京のイベントで、 170年前に撮ったように見える写真を撮ってもらうためにお金を払うことができます 乾板写真が一般的だったとき。 で 「日常生活の骨董品市場」西武池袋本店 東京近郊の池袋にある、日暮里に本拠を置く乾板写真スタジオ、ライトアンドプレイスが運営するブースが、たった10,000円(86.93米ドル)であなたに代わってやってくれます。

Light and Placeは、乾板写真のポートレートを行うだけでなく、時代劇や演劇の制作、雑誌のサービスも提供しています。 アンティークマーケットの彼らのブースでは、家に持ち帰るために1枚の写真を手に入れますが、それは古い印刷された写真ではありません。 それは実際のガラス板の肖像画です。 私たち自身の日本語レポーター 佐藤さん 試してみましたが、意外とかっこいい結果になりました!

しかし、それもかなり挑戦的でした。 歴史的な肖像画の人々が常に中立的な表現をしていることに気づいたことがありますか? 乾板撮影は撮影に時間がかかり、リラックスしたポーズや表情を必要な時間保持しやすかったからです。 ブースでは、撮影に約6秒かかり、その間佐藤さんは全く動けませんでした。

頭や体をけいれんさせたり、6秒間動かしたりせずに、固い姿勢で静止するのは、見た目よりも大変でした。 6秒はそれほど悪くないと思うかもしれませんが、 息を吸っても胸が動くと、長い時間のように感じます。 また、目を動かすと頭が回転することが多いため、呼吸をしないようにしながら、1つの場所に集中する必要があります。 佐藤さんは自分でやった後、ほとんどの人が当時無表情のままでいることを選んだことに驚かなかった。

また、プロセスは非常にデリケートで、温度や湿度の影響を受ける可能性があります。また、各写真の処理には約1時間かかるため、すべてのステップで課題とリスクがあります。 佐藤さんは実際にポートレートを完成させるために2回行かなければなりませんでした 初めてトラブルが発生したからです。 この経験を経て、佐藤さんは今まで以上に写真を撮るのがいかに簡単かを高く評価しました。

通常、撮影から1枚の写真しか撮れませんが、最初の写真撮影での事故のため、佐藤さんは2枚目の写真を無料で手に入れました。 彼らはこれらの見栄えの良い、エンボス加工された木箱に入ってきました。 佐藤さんは何が彼を待っているのだろうと思いました。

2つの非常に古風な肖像画!

実は、ガラス板の写真を撮るのはかなり難しいので、佐藤さんは常駐のプロ写真家、江川佑の助けを借りました。 ありがとう、タスク!

直面した最初の写真 照明の課題 (特殊な紫外線を使用している)ので、少し暗くなりました。

2つ目は、調整がはるかに優れていて、はるかに明るくなりました。 彼はそれを拾う前にそれをちょうど1時間取ったけれども、 それは本当に19世紀からの肖像画の感触を持っていました

▼佐藤さんがスタジオから借りてきたメガネ(通常のメガネはUV照明で黒くなるので)が入ったスッキリとした装いは、その気持ちをさらに引き立ててくれます。

さらに歴史的な印象を与えるために、佐藤氏はその写真を写真編集プログラムにロードし、明るさと色を調整しました。 本当に150年前に撮った写真のようです!

明治時代の自分だけのポートレートが欲しいなら、池袋駅の東側にある西武池袋デパートのイベントに行ってみてください。 2月23日以前。 そして、もっとクールな写真撮影のアイデアが必要な場合は、古いハリウッド映画スター、宝塚女優、または遊女や侍に変身してみてください!

画像©SoraNews24
●SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに聞きたいですか? Facebookでフォローして ツイッター
[ Read in Japanese ]

佐藤さんは初めての乾板撮影で歴史上の人物になります
Source#佐藤さんは初めての乾板撮影で歴史上の人物になります

Leave a Comment